Mac

Macのクリップボード管理アプリ「Paste」は全ユーザー必須級の便利さ

review-paste

Mac に絶対にインストールしておくべきアプリというのがいくつかある。しかしそれは、使用している人の職業や環境に応じて、オススメできるか否かは変わるだろう。

しかしその中でも、誰であろうと "絶っっっっっ対に" インストールするべきだと断言できるアプリがある。"絶対に" だ。

その名も「Paste」。

これはいわゆる「クリップボード管理アプリ」だ。
コピーした内容を複数、長期で保存でき、その内容をいつでも呼び出すことができる。

同様の機能で、無料の「Clipy」というアプリがあることは知っている。しかし「Paste」は、それとは比べ物にならないほどの満足感を手に入れられる。

月額100円のサブスクリプションアプリだが、間違いなく価格以上の価値のある。素晴らしいアプリだ。ぜひこの機会に試してみてもらいたい。

「Paste」は誰もがインストールするべき超絶便利アプリ

アプリ「Paste」は素晴らしいアプリだ。素晴らしすぎる。おそらくこの記事で書き連ねた内容を理解するよりも、実際に触ってみてもらったほうが、その感動を肌で感じてもらえるだろう。

基本利用は無料なので、ぜひ以下のリンクからインストールしてもらいたい。

なお、本アプリは iPhone・iPad との連携も可能だ。以下に iOS 版のリンクも用意しておいたので、合わせてインストールしてみてもらいたい。

それでは、可能な限り「Paste」の魅力を皆さんにお伝えしよう。

 

【ほぼ日刊】ガジェットへの想いを語るだけ

Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムにて、ぼくの持っているガジェットについてあれこれ語る記事を公開中!いわゆる "レビュー記事" とは違った、ぼくの道具にかける想いをただただ自分勝手に語ります。ほぼ日刊更新中。

ビジュアル的にわかりやすい履歴

クリップボード管理アプリというと、一般的には、コピーした内容が列挙されるだけである。過去にコピーした内容を探し当てるには、目で注視する必要があり、これが意外と大変であった。

しかし「Paste」は違う。

画面下からニョキッと履歴が出現。どのアプリでコピーしたものか。そしてその種類がテキストかリンクか、あるいは画像なのかを示してくれる。

review-paste_1

このアプリの素晴らしさは「デザイン」だ。

視覚的に「どのアプリからのコピーか」がわかりやすく、そしてコピーした内容も確認しやすい。長文であっても、HTMLのコードであっても、目で見て区別できる。

コピーした履歴が見られるのはうれしいけど、同じようなテキストをコピーしたから、結局どれがどれだか見分けがつかない!目的のテキストを探し当てるのが大変!

なんてイライラとは、もうサヨナラだ。ユーザーが苦労せずに、目的のコピー履歴を探し当てられるよう、上手に工夫されているのが「Paste」なのだ。

検索ですぐに探し当てられる

コピーした内容が多すぎれば、それだけ履歴をさかのぼって、目的のテキストを探さなければならない。

しかし「Paste」は、クリップボードを検索できる。しかも即座に。

ショートカットから「Paste」を呼び出したら、そのままキーボードを叩く。すると、そのまま検索窓にフォーカスが当たり、キーワード検索がはじめられる。

このスピード感。癖になる。

review-paste_5

画像やオブジェクトもコピーして保存できる

クリップボードに残しておけるものは、なにもテキスト情報だけではない。

たとえば、私はXDをよく使うのだが、レイヤーをまとめてコピーすることがある。「Paste」では、コピーしたレイヤー情報そのものを保存しておくことができ、あとから呼び出すことができるのだ。

review-paste_6

これは画像などでも同じ。デスクトップに置いてある画像をコピーして、それをXDに貼り付けるなんてことも、手軽にできてしまうのだ。

iPhone・iPad と情報を共有できる

「Paste」の内容は、iCloud を通じて、iPhone・iPad と共有できる。すなわち、iPhone からでも、作成したHTMLを簡単に呼び出せる。

複雑な HTML が必要な記事であったとしても、モバイル端末で簡単に執筆作業ができるのだ。

フォルダを作って長期保存できる

「Paste」では、コピーした内容をフォルダにまとめて保存しておくことができる。フォルダはもちろん自分で自由につくれる。

たとえば、あなたがWebデザインをしているなら、そのサイトで使用するカラーコードをまとめておくと良い。自分だけのカラーパレットを作っておけば、どんなときでも即座に呼び出せる。

review-paste_2

あなたがブログの執筆をしているなら、記事内で使用するデザインパーツのHTMLを保存しておくのもいいだろう。

ショートカットキーは自分好みに設定可能

review-paste_3

「Paste」を呼び出すためのショートカットは自分ですきに設定することができる。

私は altcommandVという組み合わせにしている。

履歴の保存期間を長期に設定できる

「Paste」では、コピーしたものを保存する "期間" を設定できる。期間は「日|週間|月|年|無制限」のうち、いずれかを選択可能だ。

review-paste_4

保存できる "件数" を設定できるのが一般的だが、「Paste」のように "期間" を設定できるのはめずらしい。

プレーンテキストとしてペーストも可能

コピーした内容をペーストしたら、勝手に太字になっていたり、変な背景色が付いていて見にくくなったり。そんな経験はないだろうか。

それはテキストの「文字装飾」も一緒にコピーしているから。これをそのままペーストしても、装飾した状態で貼り付けられてしまう。

それを回避するのが「プレーンテキストとしてペースト」という機能だ。

これを使うと、コピーした内容を、単純なテキスト情報として貼り付けることができる。

私は、クリップボードの履歴を選択するとき、shiftを押しながら決定をするとプレーンテキストとして貼り付けられるようにしている。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-Mac
-, ,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ