09_ガジェット

マグセーフ対応型MOFTレビュー!磁石で簡単に着脱できてケースが苦手な私は大歓喜

review-moft-magsafe

MOFT がまたやってくれた!iPhone12シリーズ専用の MOFT がリリースされたのだ。

従来の MOFT X は粘着性で、iPhone の背面に直接ペタリと貼り付けるタイプだった。しかし今回は違う!磁力の力で着脱する。

iPhone12 シリーズで新しく実装されたマグセーフに対応しているため、磁石の力でペタリ。従来のモデルよりも着脱が断然に簡単になったのだ。

今回はメーカーからご提供いただいたので、マグセーフ対応iPhone12専用MOFTのレビューをしていこうと思う。

マグセーフ対応iPhone12専用MOFT

iPhone12専用MOFTの最大の特徴は、磁石の力で着脱可能になった点だ。これがすべてである。しかしこの1点が違うだけで、世界は全く違って見えてくる。

今までのMOFT、あるいは、その他のケースや落下防止リングなどは、一度装着すると取り外しが難しかった。気軽に取り外したりするものではなく、ある一定期間は使い続けることが前提だった。

しかしその前提を覆して「使いたいときに使える」を実現したのが、このマグセーフ対応型MOFTだ。

iPhone12シリーズに搭載されたマグセーフ用の磁石。ここに MOFT に内蔵されている磁石を近づけると、それだけで強力にくっつきあう。

review-moft-magsafe_9

逆さにした程度では外せない程度には強い結びつき。しかしすこしスライドさせてやれば、簡単に取り外すことが可能だ。

MOFT Xの良いところはすべて継承

マグセーフ対応型MOFTは、磁力による着脱以外の面において、MOFT Xのすべてを継承している。

薄くいくせに頑丈で、安心感のある素材。なんどもMOFTを含めて数々のiPhone関連アイテムを使ってきているが、この素材感だけは他に見ない。キレイで、肌触りもよくて、本当に好きだ。

review-moft-magsafe_1
review-moft-magsafe_2

タテ置きスタンドとしても、ヨコ置きスタンドとしても利用できる。これは従来から変わらない。

review-moft-magsafe_3
review-moft-magsafe_4

今回新しいのは、MOFT をタテ置きにしながら iPhone を横にするスタイルだ。これは磁石による着脱だからこそ可能な使い方。デスクのお供として非常に役立つスタイルとなっている。

review-moft-magsafe_5

もちろんこのスタンドは、落下防止用のグリップとしても機能する。指を通して持つだけで安定感が抜群に向上する。

review-moft-magsafe_6

あとは変わらないカード入れ。最大3枚のカードを収納することができる。iPhoneと一緒にSuicaやクレジットカードぐらい持てば、もう財布を持ち歩く必要はない。

マグセーフ・マグセーフ対応ケースとの併用も可能

マグセーフ対応なので、それはそのまま「マグセーフ対応型ケースにもくっつく」ということを意味する。

私はAppleがリリースしているマグセーフ対応型純正ケースを持っていないので試していないが、公式Q&Aでは以下のように回答されている。

Q. 携帯端末にケース取り付けて本体を使用できますか?

A. アップルのMagSafe対応ケースで動作し、磁気レイアウトが一致しているので、磁石の強度はさらに強くなります。第三者製のMagSafe対応ケースでは、MagSafe対応ケースの磁石レイアウトが同じではない可能性があるため、互換性は確かではありません。

Amazon公式ページ | MOFT スマホ iPhone マグセーフ対応 ウォレットスタンド mag safe iPhone12 pro mini (ブラック)

Amazonのレビューでも、「マグセーフ対応型ケースに着けて使用しています」という人が多数いるので、間違いないだろう。

また、iPhoneとMOFTの間にマグセーフを挟むことができるので、充電しながらの視聴が可能だ。

review-moft-magsafe_7

まぁ正直、これはLightningケーブルを指しながらでも視聴はできるので、私はあまりメリットを感じていない。

というか、iPhoneにおける「マグセーフ」という機能自体、正直なんのために実装されたのか理解できていないぐらいなのだが、その話はいまは止めておこう。

磁力は強いが過信してはダメ

マグセーフ対応型MOFTの磁力は強い。iPhoneにしっかりくっついて、逆さにしたぐらいでは外れない安心感はある。

review-moft-magsafe_10

しかし過信してもダメだ。従来の接着テープで貼り付けるタイプに比べたら、間違いなく接着力は落ちている。これは公式でも認められているところだ。

MOFT Xのように粘着テープで取り付けたほど強力な接着力ではないため、携帯端末が本体スタンドから外れるリスクを避けるために、グリップしながら振り回したりはしないでください。

Amazon公式ページ | MOFT スマホ iPhone マグセーフ対応 ウォレットスタンド mag safe iPhone12 pro mini (ブラック)

MOFTを持ってiPhoneを振るようなことをすれば、iPhoneは簡単にフライングアウェイ。地球の重力から逃れられず、地面と濃厚接触することになる。

また、横への "ズレ" にも弱い。MOFTをグリップとして、手を通した状態でiPhoneを持っていると、それなりに安定感はあるのだが、横にズレると簡単に取れてしまう

review-moft-magsafe_11

MOFTの接着力について言葉で表現するなら「思っているよりも強力で信頼たるものだが、外部からの力に耐えられるほど強くはないので、過信してはいけない」という具合だ。

このあたりの表現は非常に難しい。

新しいiPhoneスタイルの提案

なので、今までのMOFT Xと同じような使用感で考えていると、たぶん "期待はずれ" と感じてしまう。

グリップとしての安定感なさすぎ!こんなんじゃ安心して使えない!

これひとつでは、やっぱり落とすのが不安で、iPhoneを裸で使うのは怖い。

という声が聞こえてきそうだが、これはある意味では正しくないと私は思う。

マグセーフ対応型MOFTを、従来のMOFTや、それ以外の落下防止用グリップ・ケースと同列で評価してはいけないのだ。

これは従来品とは一線を画する MOFT で、今までとは全く違う iPhone の使い方の提案だ。ケースを使わず、iPhoneをネイキッドな状態で使いたい人への、一筋の光である。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-09_ガジェット

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ