01_基本と応用 02_iPhone 02_基本の使い方と設定 05_セキュリティ・バックアップ

iPhoneのゲームや動画、1日で使える時間を制限する方法

iphone-shiyo-seigen

ぼくの娘はまだ自分でスマートフォンを持つような年齢ではないのだけれど、いまからもう、持たせたときのことを考えると、なんだか胸の中がそわそわと忙しない。

ルールを設けることになるんだろうけど、あまり縛りすぎては返って中毒になるのでは——。かといって子供にすべての裁量をわたすのも、やっぱり心配で——。

と、5年もしたら今とはまったく違うであろう環境に、すこしヤキモキしている親心なのである。

ところで、今のiPhoneは、アプリに使用制限をくわえることができる。「ゲームをやっても良いのは2時間だけ」といった口約束を、iPhoneのほうで管理してもらえるのだ。

これがけっこう細かい設定ができるので、子供にiPhoneを持たせるときはぜひ活用してみたいと思う。

iPhoneでかけられる使用制限

iPhoneでは以下の使用制限をかけることができる。

  • 特定のジャンルのアプリについて、使用できる合計時間を決められる
  • 特定のジャンルのアプリについて、使用できる時間帯・曜日を決められる
  • 特定のアプリについて、使用できる合計時間を決められる
  • 特定のアプリについて、使用できる時間帯・曜日を決められる
  • iPhone自体の画面を見ない時間帯を決められる(※特定のアプリを例外として許可できる)
  • その他、iPhoneで行える各機能の使用を制限できる

便利なのは、アプリごとに、1日で使用できる時間を設定できるって機能だ。昔は「ゲームは1日1時間!」って約束を、どうやってかいくぐるか悩んだものだが、今は逃げることも難しいのだね。

使用できる時間制限をかける方法【アプリのジャンルで設定】

1iPhoneの設定アプリを開いて、「スクリーンタイム」>「App使用時間の制限」と進む。

iphone-shiyo-seigen_1

2「機能制限を追加」を選択し、制限をかけたいアプリのジャンルを選び、「次へ」を選択。

iphone-shiyo-seigen_2

3許可する時間を設定。曜日別に設定を変えることも可能で「土日はすこし長めにしてあげよう」といった配慮もできる。

iphone-shiyo-seigen_3

使用できる時間制限をかける方法【特定のアプリ】

さきほどはアプリのジャンルで、まとめて時間制限をかけた。しかし「Facebookだけは3時間」など、アプリ別に設定を変更したい場合もあるだろう。

1スクリーンタイムのデバイス名をタップすると、そのデバイスの使用状況を、あらゆる角度から分析できる。

iphone-shiyo-seigen_4

2制限したいアプリをタップし、「制限を追加」を選択する。あとは先ほどと同じ手順でOKだ。

iphone-shiyo-seigen_5

制限を無視できないように設定

設定した時間を超えると、ホーム画面のアプリが薄暗くなり、砂時計のマークが追加される。

iphone-shiyo-seigen_6

ただ、アプリが使えないわけではない。アプリアイコンをタップすると「制限時間を超えました」と出るものの、「制限を無視」という選択肢もあり、そのままアプリを使い続けることができてしまう。

iphone-shiyo-seigen_7

これでは制限の意味があまりないので、「制限を無視」するためにパスコードの入力を要求するように設定をしておいたほうが無難だ。

1「スクリーンタイム・パスコードを使用」を選択し、パスコードを設定する。

iphone-shiyo-seigen_8

2すると先ほどの使用制限画面に「使用制限終了時にブロック」という項目が追加されるので、これをオンにする。こうすると、先ほどの「制限を無視」のコメントが、「時間延長の許可を求める」に変更となり、パスコードを入力しないと延長ができない設定になります。

iphone-shiyo-seigen_9

執筆後記

以上までが、アプリに使用制限をかける方法だ。なかなか便利ではあるが、あまり厳しく設定すると、親子の信頼関係を傷つけるかもしれない。使用するさいは慎重に行い、なによりも親子がしっかりと話し合うことが大切だ。

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_iPhone, 02_基本の使い方と設定, 05_セキュリティ・バックアップ
-, , , , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.