01_基本と応用 02_基本の使い方と設定

暗い所でのiPhone操作で眩しいと感じたら色反転を試して欲しい

夜、寝る前にちょろっとiPhoneを触っていたい。暗い所で液晶を見るのはダメだとわかっていても、ついつい弄ってしまうんですよね。

でも、この眩しさだけは何とかならないものか。明るさを一番弱くしていても、暗い部屋の中だとかなり眩しく感じてしまう。

そんな時に私が使っている対処法は、「色反転」です。

普段はあまり馴染みのない機能かもしれませんが、意外と実用的な側面もあるので是非お試しあれ。

暗い所でのiPhone操作で眩しいと感じたら色反転を試して欲しい

色反転で眩しさを軽減

iPhoneには「色反転」という機能があります。

普段の利用シーンではほとんど利用されることのない機能なので、そんな機能があるということすら知られていないかもしれません。

色反転をすると、普段見ているiPhoneの画面の色調がガラッと変わります。

暗い所でのiPhone操作で眩しいと感じたら色反転を試して欲しい 1

私も詳しくはないのですが、色が反転する、つまり「白→黒」に変わるような感じに仕上げてくれるのが、この機能です。

こうする事で、なぜ眩しさを軽減させられるか。それは、画面に占める白色の割合が減るからです。

色反転をすれば、白色が黒色になる。つまり、眩しい原因である白色の割合が減るので、普通に画面を見ているよりは眩しさが和らぐのです。

もちろん、アプリによって得手不得手があります。

例えば、画像が多めのアプリを使うと、どうしてもホラーっぽくなってしまいます。ムーンサイドにようこそ。

暗い所でのiPhone操作で眩しいと感じたら色反転を試して欲しい 2

しかし、テキストベースのアプリを使うなら良い感じ。意外と違和感なしに使えますね。

暗い所でのiPhone操作で眩しいと感じたら色反転を試して欲しい 3

色反転の設定方法

設定は「一般 > アクセシビリティ > ショートカット」と進み、「色を反転」にチェックを入れます。これにて準備完了。

暗い所でのiPhone操作で眩しいと感じたら色反転を試して欲しい 4

実際に色反転をさせたいときは、ホームボタンを連続3回押せばOK。戻したい時も、ホームボタンを3回押せばOKです。

あとがき

自分だけの寝室であればいいのですが、妻との共同生活だと、いかに邪魔をしないかが重要になってきます。

なるべくiPhoneの光を抑えたい日頃から感じていて、ようやく見つけた一つの方法がこれでした。

みなさんも、是非お試しを。それでは、今日はこの辺りで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_基本の使い方と設定
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.