iPhone

iPhoneのカメラはQRコードを読み取れる!実は専用アプリは不要だった

iphone-camera-qrcode

iPhoneでQRコードを読み取るために、わざわざ専用アプリをインストールしていたりはしませんか?実は私も、つい先日まで以下のアプリを使っていました。

しかし実はiPhoneのデフォルトアプリでもQRコードを読み取ることはできるんです。しかも使い方は簡単で、ただカメラをかざすだけでいいんです。

【iOS11】iPhoneのカメラでQRコードが読み取れるように

iOS11 から、iPhoneのカメラでQRコードを読み取れるようになりました。まずご自身のiPhoneの設定が有効になっているか確認書ましょう。

1設定アプリを開き、カメラを選択します。

2「QRコードをスキャン」をオンにすれば完了。

iphone-camera-qrcode_1

使い方はカンタン!ただかざすだけ

設定さえ終わってしまえば、あとはカメラを起動するだけで使えます。

ボタンを押す必要も、シャッターを切る必要もありません。ただ「カメラの画面の中にQRコードを入れるだけ」でOKなんです。

iphone-camera-qrcode_2

QRコードを読み取ると、画面の上部に通知が届きます。

QRコードの飛び先がウェブページであればSafariのアイコンが、メールアドレスであればメールのアイコンが表示され、タップすると該当するアプリが開きます。

iphone-camera-qrcode_3

意外と便利なQRコードをもっと活用しよう!

QRコードは自分で作ることができます。たとえば以下のサイトでカンタンに作ることができますし、その種類も豊富です。

QRコードで作れるのはWebページへのリンクだけではありません。シンプルなテキストでもOKですし、メールアドレスでもOK。

アドレス帳に登録するプロフィールを読み取らせることもできますから、自分の名刺に自作のQRコードを入れておくのも良いでしょう。

それでは、今日はこのあたりで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone
-, , , ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ