ITツール

Evernoteで読書記録をつけるならMediaMarkerが非常に便利

本を読んで、それが読みっぱなしで終わっていませんか?読んだ時の気持ちや学んだことは、記録として残すほど役に立てられます。

ではその記録をどうやって残すか。

私はウェブサービス「MediaMarker」をオススメします。「MediaMarker」は本のデータを検索できるだけでなく、自分の読書ステータス(進捗状況)も残しておけます。

また、Evernoteとの連携ができ、記録を自動保存できるとあって、Evernoteとの相性も非常に良いのが特徴です。

では実際に「MediaMarker」を利用した読書記録の付け方をご紹介します。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法

Evernoteとの連携設定

まずはEvernoteとの連携をさせるための設定をしておきましょう。

①ウェブサービス「MediaMarker」にアクセスし、「設定」を選択します。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法 1

②設定画面に右メニューから「Evernote投稿」を選択します。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法 2

③まず、Evernote送信用メールアドレス(◯◯@m.evernote.com)を入力します。

④次に、「投稿ポイント」を決定します。これは読んでいる本の読書ステータスのうち、どのタイミングでEvernoteに保存するかを決定するものです。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法 4

「本を購入した時」「コメントを書いた時」などがありますが、私は「読了した時」にしています。そうでないと、Evernoteで読書ステータスを管理しなければならないので。

私は「読んだ記録」がEvernoteに残ればいいと考えています。

⑤他にも、「保存するノートブック」や「保存するタグ」なども自身で決められます。(クリックで拡大)

MediaMarkerとEvernoteの連携方法2

これでEvernoteとの連携は完了です。以降は、上記で設定した投稿ポイントのタイミングで、Evernoteに自動保存されるようになります。

MediaMarkerを使って読書記録を残す

では次に、実際にMediaMarkerを利用してEvernoteに読書記録を残す方法をご紹介します。

□まずは自分の「バインダー」に本を登録する

MediaMarkerのアカウントを取得すると、自分だけの「バインダー」を取得します。これは自分が登録した本を貯めていくファイルになります。

①右上のメニューから「登録」を選択し、②登録したい本のタイトルを入力・検索します。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法 5

③検索結果から目的の本を見つけ、「バインダー登録」を選択します。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法 6

④本に関する情報を入力していきます。(クリックで拡大)

MediaMarkerとEvernoteの連携方法7

価格や出版社などの基本データは自動で登録されていますので、その他の情報を記入します。

特に入力しておきたいのは「タグ」「購入日」の2つです。「タグ」は後から見つけやすいようにするためでもあり、属性から本を探せるようにしておくためです。

以上でバインダーへの登録は終わりです。あとはのんびり本を読んでいくだけ。

次にMediaMarkerを触るのは「本を読み終わったタイミング」です。

□読了記録を登録する

では読み終わった本をどうするか。これについてご紹介します。

①右上のメニューから「Myバインダー」を選択し、読み終わった本を見つけます。②そして、その本の右下にある「編集」を選択します。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法 7

③本に関する各情報を記入します。重要なのは「コメント」「タグ」「評価」です。これらを残すことで、後でこの本の記憶を鮮明に蘇らせることができます。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法3

登録した際に「タグ」を付けたとしても、読み終わったら自分の認識が変わっているかもしれません。その時は遠慮なくタグを変えましょう。

また、コメントは非常に重要です。その本に関して自分が得たものや学んだこと、もっと分かりやすく言えば「読む前と後で違う自分の内面」を残しておきます。

本の内容も、一回読んだだけでは忘れてしまいます。未来の自分がまた同じ悩みを持っている可能性も拭えません。

未来の自分が「どんな本を読んだら今の状況を打破できるか」を判断するには、読んだ自分が記録を残してなりません。ですので、コメントは今残すべきなのです。

④「読書」項目の「読了」にチェックマークを入れ、読み終わった日付を記入します。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法4

⑤一番下の「更新」ボタンを押して完了です。ステータスが読了になったので、自動的にEvernoteに送られます。

⑥Evernoteではこのような形で保存されます。これを「読書」と言うノートブックの中に入れています。

MediaMarkerとEvernoteの連携方法 8

あとがき:読書の記録も未来への手紙

読書の記録も、結局は未来の自分への手紙です。

未来の自分が迷った時、そっと手を差し伸べて「この本はオススメだよ」と言えるかどうか。それは今のあなたの行動一つで決まってきます。

読んだら読みっぱなしにならないよう、気をつけたいものですね。

それでは、今日はこのあたりで。




関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-ITツール

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ