Mac

Chromeの開きすぎたタブをまとめて整理・軽量化する拡張機能「OneTab」

chrome-onetab

Google Chrome。「あとでゆっくり読もう」とか「記事をつくるための参考サイト」とか、いろんなページを開きつづけた結果、タブの数がえらいことになってしまった。

そういう経験はだれにでもあると思います。

「ごちゃごちゃになって、結局どこになんのページがあるのかわからなくなる」ということだけであればいいのですが、問題は、Chromeが重くなってしまい、ひいてはMac自体が重くなってしまうところにあります。

そこで最近愛用しはじめたのが「OneTab」というChrome拡張機能。Chromeで開いたタブをサクッとまとめてくれる便利アプリです。

Chrome拡張機能「OneTab」

仕事仲間の紹介でしった「OneTab」というChrome拡張機能。Chromeで開いているタブを、ワンクリックでまとめてくれます。

インストールは以下のリンクから。無料で使えます。

Chromeでタブがズラッと並んだ状態で、OneTabのアイコンをクリック。すると、開いていたタブをひとつにまとめた「リンク集」をつくってくれます。

chrome-onetab_3

リンク集になるので、Chromeのメモリ消費量が減ることになります。話によるところでは、95%も減少させられるとのこと。マシンが重くなりがちな人には重宝しますね。

chrome-onetab_1

さて。こうしたタブ管理系の拡張機能はほかにもありましたが、そのなかでも OneTab が便利だと思えるポイントは、操作のしやすさ・使い勝手の良さにあります。

拡張機能のアイコンをクリックすれば、開いているタブをまとめてくれて、OneTabの画面にリンクが一覧でならびます。
開きなおしたいページは、そのリンクをクリック。すると再びタブで開いてくれます。

この「収納」と「再利用」の行ったり来たりが、流れるようにスムーズで使いやすい。これがOneTabの魅力です。

しかも、OneTabのページが一番左で固定されるのもうれしいポイント。

Chromeでcommand1というショートカットを使えば、一番左のタブに即座に移動できます。つまり、OneTabにまとめたリンク集へは、キーボード操作だけで瞬間移動できるわけです。

chrome-onetab_2

ほかにも、「収納」したリンクを、まとめて消したり、まとめて開いたり。あるいはグループでロックしたり、個別に消したり。整理方法のバリエーションも豊富です。

「Chromeでタブをめちゃくちゃに開いてしまう」という方は、ぜひインストールして使ってみてください。Chromeでのブラウジングがワンランク快適になりますよ。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-Mac
-,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ