02_アプリの使い方・活用方法 03_ウェブブラウザ系 04_ウェブサービス 05_SNS系 08_Buffer

iPhoneからBufferへ投稿するならSafariのブックマークレットが最強便利

多くの人に読んでもらえる記事には傾向があります。でも、それを見つけることは簡単なことではありません。

そういう傾向を知るには、TwitterなどのSNSを分析するのが有効!……というのを、以下の記事を読んでいて感じました。

なるほど。じゃあ気になったり読んだ記事はガンガンシェアしていこう!と思い立ったのがつい先日のこと。

ただ問題は、私の情報収集はいろんな場所で行われる点です。

私は、RSSも使うしニュースアプリも使う。はたまたPocket等の「あとで読むサービス」も活用しています。様々な角度から集めた情報を、どうやって配信するか。

これを解決するのにBufferのブックマークレットが非常に便利だと、改めて気付かされたのでした。

IPhoneからBufferへ投稿するならSafariのブックマークレットが最強便利

Bufferとは

Bufferとは、SNSでの投稿を予約できるウェブサービスです。

Buffer for Twitter and Facebook Buffer for Twitter and Facebook
価格: 無料
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化

アプリをダウンロードする

このサービスを利用している理由は大きく2つ。

1つは、複数のSNSに同時投稿できる点。私は、Twitter・Facebook・Facebookページを管理していて、Bufferならいちいち投稿先を選ばなくても、これらで一気にシェアできて嬉しいのです。

もう1つは、投稿スケジュール。SNSへの投稿は、事前に配信する時刻を設定しておけます。ユーザーに対して一番リーチできる時間を選んで投稿できるので、効果測定もし易いでしょう。

こんなことが無料で出来てしまうBufferは、是非ともアカウントを持っておきたいウェブサービスの一つです。

Safariのブックマークレットがコレまた便利

さて、iPhoneで読んだ記事を、どうやってBufferから投稿するか。これが問題です。

RSSリーダーの「Reeder」など、元々Bufferに対応しているアプリは良いです。でも、Bufferに対応しているアプリはまだまだ少ないのが事実。

そこで便利なのが、Safariのブックマークレット。これ1つあると、SNSへのシェアが非常に捗ります。

ブックマークレットとは、ブラウザのブックマークに登録するツール。起動することで様々なアクションを起こしてくれます。

なんでSafariのブックマークレット?

端的に言えば「どんなアプリで記事を読もうと、必ずSafariで開くためのアクションが設置されているから」です。

例えばFacebookで気になる記事を見つけました。そんな時でも、開いたリンクをSafariで開き直すことが簡単にできます。

例えば「SmartNews」や「Vingow」、「Antenna」「Gunosy」などのニュースアプリで見つけた記事。これもSafariで開き直せます。

iPhoneのどんなアプリであろうと、開いたリンクはSafariで開き直すことが簡単にできます。

ハブみたいな感じですね。ちょうどいい中間地点で、アクションとアクションを結ぶためのコネクション。そんな感じに位置づけです。

こんな使い方もできるんですよ、Safariって。

あとがき

これでiPhoneで読んだ記事のシェアがしやすくなりました。これからはバンバン記事をシェアしていきますよー。

それで、今後の自分の記事のネタの精度を上げていくのです!どんな記事がみなさんの中に響くのか、楽しみです。

それでは、今日はこの辺りで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_アプリの使い方・活用方法, 03_ウェブブラウザ系, 04_ウェブサービス, 05_SNS系, 08_Buffer
-,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.