iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

作業時間2分!Picasaの写真1万枚をFlickrに移行できるウェブサービス「Pi.pe」

この記事のURLとタイトルをコピーする

Flickrの無料会員がグレードアップし、アップロード容量が1TBに増えたのは記憶に新しいと思います。

写真管理はPicasa派だった私も、これを機にFlickrに移行しようと考えました。しかし問題は、その手段です。

Picasaには1万を超える写真が入っており、これを手作業でFlickrに移すなど、とてもじゃありませんが現実的ではありません。

そこで大いに活躍してくれたのが「Pi.pe」というウェブサービスでした。

ウェブサービス pi pe

ウェブサービス「Pi.pe」とは?

「Pi.pe」とはその名の通り、ウェブサービスとウェブサービスを繋ぐサービス。サービスAにあるデータを、サービスBに受け渡すことができます。

Pi.pe

例えば、「Instagram」の写真を「Facebook」へ。
例えば、「Google Drive」のデータを「SugarSync」へ。
例えば、「Facebookページ」の写真を「Evernote」へ。

そして今回の主旨である「Picasa」の写真データを「Flickr」へ送ることができます。

しかもウェブサービスですのでアップロード・ダウンロードの時間を要しません。設定だけしてしまえば、後は事が済むのを待つだけ。手離れの良いサービスなのです。

それでは実際に、使い方をご説明します。

Picasaの写真をFlickrに移行する最も簡単な方法

▼まずはログイン。「Facebook」「Google」「Yahoo!」のアカウントからログインできます。
Pi pe の使い方について

▼移行する元データがあるウェブサービスを選びます。今回の場合は「Picasa」を選択します。
Pi pe の使い方について 1

▼認証が完了するとPicasaのアイコンが明るくなりますので、確認したら右上の「continue」で次に進みます。Pi pe の使い方について 6

▼移行するフォルダ・ファイルを選択します。全て移行するのであれば左上の「select all」を選択します。完了したら右上の「continue」で次に進みます。
Pi pe の使い方について 4

▼移行後のファイルを管理します。「やっぱり移行しない」と思いとどまったファイルは、ここから削除できます。フォルダをダブルクリックすれば、各フォルダのタイトル・説明・タグ編集できます。問題なければ、右上の「continue」で次に進みます。
Pi pe の使い方について 5

▼移行先であるFlickrのアカウント認証を行い、「continue」で次に進みます。
Pi pe の使い方について 7

▼最終確認です。「Picasa」から「Flickr」への移行であることを確認し、右上の「Start Transfer」を選択します。
Pi pe の使い方について 8

▼この画面が出たら終了です。ウェブサービスですので、ページを閉じてしまっても構いません。ネット上で勝手に作業をしてくれていますので、本当に待つだけです。
Pi pe の使い方について 9

▼移行が完了すると、登録しているメールアドレスにメールが届きますので、後は寝て待つだけです。ちなみに、1万2千枚を移行するのに1週間ほどかかりました。
Pi pe の使い方について 10

あとがき:活用の幅が広がるサービス

今回はPicasaからFlickrを例にとってご紹介しました。しかし、活用の幅はこれだけに留まらないでしょう。

なにせ利用できるサービスが非常に多いのですから。「ifttt」並の汎用性があるサービスだと思っています。

今後も少しずつ使い方の事例を紹介できるかと思います。それでは、今日はこのあたりで。


この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です