iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Macのホットコーナーは装飾キーと併用すると誤作動が減ってグンと便利になる

この記事のURLとタイトルをコピーする

Mac の便利機能のうちのひとつ「ホットコーナー」。マウスカーソルを画面の四隅に移動させるだけで、予め設定しておいた機能が使えます。

しかしその特性上、誤作動が非常に多い。そうしたかったわけではないのに、マウスカーソルを四隅に移動させてしまったことで、勝手に動作してしまうといった誤爆が絶えません。

そんなホットコーナーを便利に使うコツは装飾キーとの複合ワザ!「Shift キーを押しながらマウスカーソルを四隅に移動させると動作する」という風に、装飾キーとの複合機能を設定しておくと、誤爆が減って、非常に使い勝手が良くなります。

ホットコーナーはトリガーとなるキーを設定できる

ホットコーナーでは、装飾キーと併用することで始めて機能するように設定できます。

つまり、今まではマウスカーソルを四隅に移動させると無条件に動作していました。しかしこれを「Shift キーを押しているときにのみ動作する」など、条件指定を入れることができます。

設定の方法は簡単。

まず、普段通りシステム環境設定を開き、その中の「Mission Control」を選択します。

Macのホットコーナーは装飾キーと併用すると誤作動が減ってグンと便利になる 4

次に、左下の「ホットコーナー」を選択。

Macのホットコーナーは装飾キーと併用すると誤作動が減ってグンと便利になる 3

この画面で、各四隅で実行できるアクションを指定します。

Macのホットコーナーは装飾キーと併用すると誤作動が減ってグンと便利になる 1

さて。実行するアクションを選択するためのドロップメニューを開いた状態で、Shift キーを押します。
すると例えば「Shift キーを押しながら右上にマウスオーバーを持っていったときに、スリープ状態にする」という指定ができるんです。

Macのホットコーナーは装飾キーと併用すると誤作動が減ってグンと便利になる 2

「Shift」「control」「option」「command」の4つをトリガーキーとして使用でき、これらを組み合わせることもできます。

このように、ただ単純にマウスカーソルを動かしただけではホットコーナーが機能しないように設定しておけば、意図しない誤作動が起こらなくなります。非常に便利な設定なので、ぜひお試しあれ。

あとがき

Dashboard で使える機能、増えてくれないかなぁ。結構待ち望んでるんだけどなぁ。もうオワコンなのだとしたら残念。個人的には結構使っている機能なんだけどなー……。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする