iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Skitch代替!Keynoteを使って画像の一箇所を明るくハイライトする方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

ブログでアプリの紹介をするとき、私は画像を多用します。

わかりやすい画像を作るには、一箇所だけを明るくする「ハイライト処理」が必須テクニック。注目すべき点が明確になるので、読者に意図が伝わりやすくなります。

Keynoteでハイライト処理をする方法 001

この「ハイライト処理」については、今まで「Skitch」というアプリを利用していました。しかし、ハイライト機能が使えた古いバージョンはサポートが切れ、アプリ自体の挙動が遅く、ストレスは溜まる一方でした。

そこで最近は、Keynoteを使って画像加工をするようにしています。

慣れてしまえばコッチの方が加工時間も短く済みますし、加工の融通も効くので使いやすいのです。

ただ、Keynoteにハイライト機能なんてありません。
ないんですけど、ちょっとした工夫を駆使すれば、カンタンにハイライト処理ができてしまうのです。

前置きが長くなりましたが、そんなわけで今日は、Keynoteでハイライト処理をする方法をご紹介しましょう。

Keynote

Keynote

iTunes K.K.仕事効率化, ビジネス¥2,400(掲載時点)詳細・ダウンロード

Keynoteでハイライト処理をする方法

それでは、Keynoteを使ったハイライト処理の方法をご紹介します!今回のハイライト処理の原理を先に知りたい方は、後述していますので、先にそちらをご覧ください。


1まず、処理したい画像をスライドに貼り付けます。

Keynoteでハイライト処理をする方法 002

2画像をコピー(⌘+C)して、そのまま貼り付け(⌘+V)ます。

Keynoteでハイライト処理をする方法 003

3すると、ペーストした画像はちょっとだけズレた位置に配置されると思います。コピーした画像はオリジナルにピッタリと重ねたいので、shiftキーを押しながら左に二回・上に二回移動させます。

Keynoteでハイライト処理をする方法 004

Keynoteでペーストした要素は、元の要素の右下に配置されます。この位置は、shiftキーを押しながら左に二回・上に二回押すとちょうど重なる位置になっています。

参考:[keynote] コピーした図形を真下(真横)に配置する方法 | あなたのスイッチを押すブログ

4ペーストした画像をトリミングします。画像をダブルクリックして四隅をドラッグするとトリミングが可能。ハイライトしたい部分を残すようにトリミングします。

Keynoteでハイライト処理をする方法 005

5オリジナルの画像を暗くします。オリジナル画像を選択した状態で、右メニューから「フォーマット > イメージ」を選択。その中の「露出」を「-100%」にします。

Keynoteでハイライト処理をする方法 006

これで完了です!

ハイライトした箇所をもっと強く強調したいなら、枠線やシャドウをつけると効果的ですよ。

この作業って、何やってるの?

作業手順は以上の通りなのですが、この作業の意味する所をもうちょっとだけ補足します。

この作業で何をやっているかというと、「二枚の同じ画像を重ね合わせて、下の画像は暗く、上の画像はハイライト箇所だけを残す」という作業を行っています。

図にするとこんな感じ。

Keynoteでハイライト処理をする方法 007

慣れてしまえばSkitchよりも楽に素早く加工できますので、非常にオススメ。Keynoteを持ってる方はぜひお試しを!

あとがき

Keynoteはただのプレゼン用スライド作成アプリじゃあないのですよー!画像の作成などにも大いに役立ちます!

可能性はいっぱいありますので、ぜひぜひ使い込んでみてください♪

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です