iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

【画像圧縮】スマホだけで撮った写真の画質を落とさずサイズを軽くする方法

この記事のURLとタイトルをコピーする
iphone-img-slimdown

最近のスマートフォンのカメラは性能が抜群に良くなって、日常的に写真をバシャバシャ撮る人も多いでしょう。

その結果、スマホの容量がすぐにパンパンになってしまう。あるいは人に送りたいときに、重くて時間がかかる。そういったトラブルもあるでしょう。

そういったとき、ウェブアプリ「Squoosh」を使えば、画質を極力落とすことなく、画像の容量だけを減らすことができます。

画像圧縮ツール「Squoosh」の効果

画像圧縮ツール「Squoosh」は、Googleが提供しているウェブアプリ。ストアからアプリをインストールする必要はなく、ブラウザでアクセスすれば、すぐに使い始められます。

これを使うと、写真・画像の品質を極力落とすことなく、容量だけを小さくしてくれます。

写真や画像の縦幅・横幅を小さくするわけではないので、ガビガビに荒くなることはありません。拡大して、目を凝らして、ようやく差が分かる程度の画質の変化です。

以下の画像は、圧縮前と後の写真を比較したものです。左が圧縮前で、右が圧縮後となります。

iphone-img-slimdown_1

それぞれの画像データを数値として比較したところ、圧縮前が2.7MBであるのに対し、圧縮後が997KB。60%以上も容量を軽くすることができました。

iphone-img-slimdown_2

画像圧縮ツール「Squoosh」の使い方

1SafariやChromeなどのブラウザから、以下のリンクにアクセスします。

2「select an image」をタップ。カメラロールの中から圧縮したい画像を選択します。

iphone-img-slimdown_3

3すこし待つだけで圧縮完了。画面内の矢印を上下に移動させると、圧縮前と後の品質を比較できます。

内容に納得したら、画面下の「Bottom (Moz.JPEG)」をタップすると、圧縮後の画像をダウンロードできます。

iphone-img-slimdown_4
Squooshをアプリ化する方法

いちいちSafariを開かないでも使えるように、アプリ化することができます。「Squoosh」のページを開いたら、メニューを開き、「ホーム画面に追加」を押します。

iphone-img-slimdown_5

するとホーム画面にアプリアイコンが追加されますので、以降はこれをタップすればOK。オフラインでも使えますし、Safariで表示されるメニューバーも出てきません。

iphone-img-slimdown_6

まとめて圧縮できないのが玉に瑕

画像の圧縮は、面倒ですが一枚一枚行うしかありません。もし大量の画像をまとめて圧縮して、容量を軽くしたいなら、Macのアプリを利用することをオススメします。

私が愛用しているのは、JPEG画像なら「JPEG mini」で、PNG画像なら「png mini」を愛用しています。

JPEGmini

3,500円
(2019.09.20時点)
posted with ポチレバ
PNG mini

240円
(2019.09.20時点)
posted with ポチレバ

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする