iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iCloudのストレージ容量が上限に達した時に容量を確保する方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

iCloudのバックアップは非常に便利ですが、5GBと制限があります。これが上限に達することは、決して珍しいことではないでしょう。

iPhone1台であれば上限に達することもないかもしれませんが、iPadとiPhoneを両方使用している人は特に一杯になりやすいです。

そんな時に出るのが以下の「上限に達しました」というアナウンス。「Not Enough Storage」と出ることもあります。

ICloudのストレージ容量が上限に達した時に容量を確保する方法 0

これは、iCloudのストレージ容量が一杯になりつつあることを意味します。このままではバックアップができなくなる可能性もあります。

そこで今回は、一杯になってしまったiCloudのストレージ容量を節約する方法をご紹介します。

ICloudのストレージ容量が上限に達した時に容量を確保する方法

不要なデータはバックアップしない

iCloudの容量がいっぱいになってしまうのは、不要なデータもiCloudにバックアップしているから。

例えば、Evernoteなどのウェブサービスは、Evernoteサーバーの方にすべてのデータが保存されています。従って、別にiCloudでバックアップを取っておく必要はないのです。

また、「写真の管理はFlickrやPicasaでやってるよー」って人であれば、カメラロールのバックアップもそこまで重要ではないかもしれません。

そんなわけで、不要なものはiCloudでのバックアップをしないようにしておきましょう。

設定アプリを開いて「iCloud → ストレージとバックアップ →ストレージを管理」と進みます。

ICloudのストレージ容量が上限に達した時に容量を確保する方法 1

バックアップを取っているデバイスが一覧になります。今回はiPhoneを選択しましょう。

ICloudのストレージ容量が上限に達した時に容量を確保する方法 2

すると、今バックアップを取っているアプリが一覧になります。カメラロールやEvernoteのバックアップ容量が多いのが分かりますね。

スイッチをオフにすれば、そのアプリのバックアップを取らずに済みます。その分だけiCloudの容量が空きますね。

ICloudのストレージ容量が上限に達した時に容量を確保する方法 3

バックアップ容量が多い順にアプリが並びますので、効率良くiCloudのバックアップ容量を節約できると思いますよ。

あとがき

今回の方法以外にも、「書類とデータ」の項目を減らしたり、「iCloudメールのバックアップ」を減らすことでも、iCloudの空き容量を増やせます。

ご自身で必要・不必要の判断をシッカリして、ほどよい管理をするようにしましょう。

それでは、今日はこの辺りで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です