iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

ファイルの共有はEvernoteが万能すぎ!URLを教えるだけでOKなのが強い

この記事のURLとタイトルをコピーする

evernote-file-send

仕事上、ファイルを他人と共有する機会が多いのですが、そんなときは大抵Evernoteを活用しています。

画像、PowerPointで作った指示書、議事録、zipファイル、URL、etc.

ここに挙げたものをEvernoteの共有ノートとして外部URLで発行し、そのURLを相手に連絡して終わらせることが多々あります。

もちろんメールにファイルを添付して送ることもありますよ。ですがすべてのファイルをメールで送付するのは、いくらなんでも面倒。

とりあえずEvernoteに突っ込んで、共有URLを送ればいいや」と決めておけば、いちいち考えなくて済むので楽なのです。

そして何より、URLを教えるだけでファイルを受け取ってもらえるのが嬉しいのです。テキストを送るだけでファイルを共有できるのは、本当に素晴らしい!

ファイルの共有はEvernoteがとっても便利

DropboxやBoxなどのオンラインストレージが一般的になってきましたが、「一方的にファイルを共有する」という点に関して言えば、私はEvernoteがとても便利だと感じています。

ファイルの管理はオンラインストレージのほうがもちろん便利なんですけどね。階層が発生するような複雑なファイル管理はDropboxを利用しています。

しかし、単一のファイルをササッと送りたい!と思ったらなら、Evernoteが一番速いので、これを利用します。

Command + Control + V でEvernoteに保存

何が速いって、ファイルをEvernoteへ保存するのがホント一瞬なので気に入っています。

例えばMacに保存してあるファイルを誰かに共有したいとします。以下の画像であれば「デスクトップにある画像ファイル」ですね。

evernote-file-send

これを選択した状態で「Command + C」。これでファイルをコピーしたことになります。

evernote-file-send

そうしたら、Evernoteを起動した状態で、「Command + Control + V」を押します。すると、今しがたコピーした画像が、一瞬のうちにEvernoteに保存されるのです。

evernote-file-send

あとはこれを共有するだけ

そうしたらあとは、今作ったノートを他の人でも閲覧できるように、共有用の外部URLを発行するだけです。

作成したノートの右上にある「共有」というボタンをクリックし、「公開リンクをコピー」を選択します。するとEvernoteの同期が始まり、「外部URLをコピーした状態」になります。

evernote-file-send

もう外部URLをコピーしたことになっているので、あとは「Command + V」でURLを貼り付ければ完了。SkypeやSlackなどにペーストすれば、これだけでファイルの共有が完了するのです。

evernote-file-send

▼ちなみにこれが、今回作ったノートの共有URL。ExcelやPowerPointなどのファイルをノートに貼り付けたとしてもOK。相手側からファイルをダウンロードできます。


「このファイル、どうやって送ろうかなー」と考えている時間がもったいない。それなら「とりあえずEvernoteに突っ込んで、共有したれ!」と割り切ってしまっていたほうが、事はスムーズに進みます。

考えるべきエネルギーは、もっと他のことに使いましょう!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です