iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Apple Payが動作するのはiPhoneのどの部分?認証位置はカメラ横と判明

この記事のURLとタイトルをコピーする

Applepay read parts

iPhone版のおサイフケータイ「Apple Pay」。iPhone 7から導入されて、かなり便利に使わせてもらっています。

すでに生活の中に取り入れ、何度も使っているのですが、まだちょっと緊張しています。というのも、いつ「iPhoneをかざしたのに反応されなくて、後ろのお客さんに迷惑をかけてしまうか」と考えて、ヒヤヒヤしてしまうのです。

その理由のひとつが、実際iPhoneのどの部分がタッチの認証範囲で、認識してくれる部分なのかがわからないからです。なんとなくiPhoneの上のほうでタッチしていますが、それで正解なのか——?

ということで調べてみました。iPhoneにおけるApple Payの認識範囲について確認してみましょう。

Apple Payの認証位置はiPhoneの上のあたり

Appleの公式サイトからApple Payの紹介ページを確認してみると、Apple Payの利用方法がわかります。

見てみれば意外事実。iPhoneのかなり先端の部分を差し出しています。しかも読み込み端末にベタッとくっつける必要はなく、少し浮かした状態で “かざす” だけでOKなことに気がつきます。

Applepay read parts 1

Applepay read parts 2

Applepay read parts 3

私も実際にやってみましたが、端末にiPhoneをくっつける必要はありません。スッと近づけるだけで上手くいきます。

なぜならiPhoneのNFCアンテナはカメラ横にあるから

iPhoneがおサイフケータイとして機能できるのは、iPhoneの中に「NFCアンテナ」が実装されているからです。

「NFC」とは日本語で「近距離無線通信」。言葉のままの意味で、目に見えない無線での通信が、非常に近距離でやりとりされる技術です。これを利用することで、iPhoneはお店の端末と通信を行い、決済を進めてくれるんですね。

NFCを利用するためのアンテナが、iPhoneの場合はカメラの横に設置されているのです。

これは以下の記事を参照いただければわかるかと。実際にiPhoneを分解してみて、中の部品を分析している記事です。

Appleの公式サイトにおけるApple Payの紹介でも、Suicaの認証位置がiPhone上部にあることを揶揄している画像が確認できます。

Applepay read parts 4

iPhoneを傷つける必要はない

Apple Payを利用することで、iPhoneを決済端末にこすりつける必要はありません。

ホームボタンから指紋認証を行い、iPhoneを持ち直す必要なく、そのまま端末にかざすだけで大丈夫。

すべての支払いは流れるように行われるのです。これは本当に素晴らしいことだ!

最近は財布を持たずにコンビニに行けることが本当に嬉しい、ばんかでした。それでは、今日はこのあたりで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です