iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Macの邪魔なメニューバーアイコンを一瞬で隠して、右上のアプリアイコンを見られるようにする方法。

この記事のURLとタイトルをコピーする

Macを使っていれば、自ずとアプリは増えていく。そして、愛用アプリが増えた分だけ、右上のメニューバーに置かれるアプリアイコンが多くなっていく。

私の場合、左上のアイコン群と右上のアプリアイコン群が被ってしまい、一部のアプリアイコンが見られない状況になってしまった。

以前これを改善しようと、メニューバーの並びを整理したのだが、それだけでは根本的な解決になり得なかった。

そこで導入したのが「AccessMenuBarApp」だ。

AccessMenuBarApp 001

左上のメニューバー項目を一瞬で消す

[browsershot url=”http://www.ortisoft.de/accessmenubarapps/” width=”300″]
via: AccessMenuBarApp ダウンロードサイト

このアプリは、Macの左上にあるメニュー項目を一時的に隠してしまえるアプリだ。

▼今まで左上にあったメニュー項目が…

AccessMenuBarApp

▼一瞬で隠れて、右側のアプリアイコンが表示された。

AccessMenuBarApp 1

こういう使い方ができる、非常に便利なアプリだ。


メニューバーの項目を隠すには、2つの方法がある。1つは、ショートカットキー。もう1つはマウスカーソルのジェスチャだ。

まずはショートカットキー。「control + shift + Space」を押すことで、左上の項目を一瞬で消してくれる。

これが非常に便利なのだ。キーボード操作をしている最中にパッと消せるので、メニューバーに置いている天気やメモリー状況を作業しながら確認できる。

もう1つのマウスカーソルジェスチャだが、これは面倒なのでオススメしない。メニューバーにマウスカーソルを持って行き、カーソルを左右に移動させることで非表示にするのだが、こんな作業は手間でしかない。

これなら、ショートカットを覚えておくほうが実用的だろう。なので私は、2つ目のマウスカーソルジェスチャの動きは設定でオフにしている。

ショートカットキーで使用できるから栄えるアプリだと思うのだ。

あとがき:メニューバーの整理方法は他にも色々ある

まずはアプリの整理をするのが懸命のようにも思えるが、絞りに絞ってもメニューバーは溢れしまうのだ。それを何とか回避するために、こういうアプリを愛用している。

「Bartender」を使用する方法も検討したのだが、いかんせん値段が高いので未だに手を出せていない。なるべく金をかけずに便利に使うのが、私が好むところなのでね。

それでは、今日はこのあたりで。




[browsershot url=”http://www.ortisoft.de/accessmenubarapps/” width=”300″]
via: AccessMenuBarApp ダウンロードサイト




今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする