01_基本と応用 02_基本の使い方と設定 05_キーボード・タイピング

知らなきゃ損してるMacのテキスト技。間違って変換した単語は「かな」を二回押すと再変換できる。

単語の誤変換。これほどテンションの下がる出来事もありません。

流れに乗って気持ちよくタイピングをしていても、そういう時に限って "いい所で" 誤変換されたりするものです。それも、長文を売っている時に限って変な変換してくれたりするんですよね。

・・・

DropShadow ~ Macの誤変換を再変換 1

気がついた時にはもう遅い。初速に入ってしまった小指を止める術はありません。

ッッターーーーーーーーーッン!

この瞬間が一番腹立たしくも、向けようのない苛立ちを覚えます。あえて言うなら勢い良くエンターを押した小指が憎い。

そんな時、バックスペースで最初の所へ戻って、再度打ち直す。これが普段やっていることだと思います。

ですが、ちょっと待って下さい。その瞬間に「かな」キーを2回、連続で打ち込んでみてください。そうするとどうでしょう。

DropShadow ~ 2013 04 16 01 23 04

先ほどの長文が、再度変換候補として復活したのではありませんか?

DropShadow ~ Macの変換候補を復活させる 1

次の文章を打ち始めてしまうと、この機能は効きません。なので、勢いに任せて次の文章を書き込み始めてしまったらアウトです。

ですが、少し余裕があって、自分の誤変換に気がつけたのなら間に合います。すぐに「かな」キーを2回打ち込んで、再度変換しましょう。

これだけで文章を書く作業が効率的になることでしょう。

それでは、今日はこのあたりで。




関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_基本の使い方と設定, 05_キーボード・タイピング
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.