01_基本と応用 02_iPhone 02_基本の使い方と設定

iPhoneで通話を保留にする方法!ほか着信・通話中に便利な小技

iPhoneで通話中、その通話を一時的に保留にして、相手に待ってもらう方法をご紹介します。

iPhoneに「保留」ボタンはありませんが、「消音」ボタンを長押しすることで保留にすることができます。

iPhoneで通話を保留にする方法

iPhoneで通話中は、以下の画面になっています。ここで「消音」ボタンを3秒〜5秒ほど押し続けてください。

iphone-tsuwa-horyu_1

するとボタンが「保留」に変わります。通話中の相手には「現在保留になっています」といったアナウンスが流れるようになります。

着信・通話時に使えるTIPS

通話中でもiPhoneの操作は可能

通話中にスケジュールやメモを確認したいときは、アプリを閉じる動作をしましょう。iPhone X以降なら画面下から上にスワイプ、iPhone 8以前ならホームボタンを押します。

iphone-tsuwa-horyu_2

すると通話が繋がったまま、iPhoneの操作が可能です。スピーカーホンにすれば、操作しながら通話もできます。

通話画面に戻りたいときは、画面上の緑色の場所をタップすれば、元の画面に戻ります。

着信が来たときに着信音とバイブだけ消したい

着信が来たときに電源ボタン、もしくは音量ボタンを一回押します。すると着信状態はそのままに、着信音とバイブだけ消すことができます。

iphone-tsuwa-horyu_3

この状態ではまだコールが続いている状態です。留守電になっているわけではありませんので、そのまま電話に出ることもできます。

着信を留守番電話に繋ぐ方法

電源ボタンを2回連続で押すと、着信をそのまま留守番電話に変えることができます。着信にでられないときに重宝します。

iphone-tsuwa-horyu_4

執筆後記

bamka

着信中ってそんなに落ち着いて操作する機会がないので、意外と便利な機能を見落としがちなんですよね。
「こんな機能、あったら便利なのに」って思うことが、実は意外と簡単にできたりしますので、諦めずにまずは調べてみるようにしましょう。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_iPhone, 02_基本の使い方と設定
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.