01_マメ知識 08_生活で役立つ情報 09_ガジェット

お気に入りのメガネにブルーライトカットのPC用レンズをつける方法

JINSやZoffがPC用のメガネを発売して、今でも大人気の商品ですね。パソコン時代のビジネス必須アイテムと言っても過言ではないでしょう。

でも、ブルーライトカットのレンズにお気入りのフレームがなかったらどうしましょう?「あー。自分の今使ってるフレームに、パソコン用のブルーライトカットのレンズが入れられたらいいのに」

できます。実はできるんです。今ご自身で使ってるメガネに、ブルーライトカットのレンズを付けられます。

お気に入りのメガネにブルーライトカットのPC用レンズをつける方法

ALOOKなら他社フレームでもOK

普通、メガネのレンズ交換は自社の商品に限られます。ZOFFのフレームをJINSに持って行っても、レンズ交換はしてもらえません。

でも、ALOOK(アルク)ならOK。他社のフレームに対してもレンズ交換をしてくれます。

ALOOKとは?
ALOOK(アルク)は、眼鏡市場と同じメガネトップ社が経営するメガネショップ。
眼鏡市場は少し高めな価格設定ですが、ALOOKは比較的安価。メガネをTシャツやアクセサリーのような感覚で買えるような価格設定をしており、レンズ代込みで、5,250円、8,400円、10,500円、12,600円の4タイプになります。

価格はレンズのみで8,400円。「なんだ、新しいメガネが買えちゃうじゃん」と思える価格ですが、お気に入りのフレームを使うためには背に腹は代えられない。

レンズの効果や価格については、以下の記事を参考にしてみてください。

レンズ交換の際は、店舗に持っていきましょう。東京都心であれば、渋谷・新宿・池袋に店舗を構えています。

基本は購入したメーカーへ

もちろん、レンズ交換をするならフレームを購入したメーカーに行くのが一番です。そっちの方が安く済むケースの方が多いのですよ。

例えばZoffなら、3,000円からレンズ交換に対応してくれます。

JINSの場合は、レンズ交換代2,000円+PCレンズ代3,990円になるそうです。(実価格はご自身で店舗への確認をお願いします)

あとがき

結構いろんなサイトを見てみたんですが、他社フレームへのレンズ交換に対応しているのは、どうにもALOOKだけみたいです。意外とみんな対応してくれないんですよね。

8,000円を払ってお気入りのフレームにレンズを入れるか。それとも新しいメガネを買ってしまうか。うーん、悩むところです。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_マメ知識, 08_生活で役立つ情報, 09_ガジェット
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.