iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Macの開発元が未確認で開けないアプリはControlキーで幸せになれる

この記事のURLとタイトルをコピーする

Macで開発元が未確認のアプリを開けない問題を解決する最も簡単な方法

Macで使用できるアプリは、何もApp Storeからダウンロードできるものだけではありません。

インターネット上に公開されているフリーのアプリの中にも、かなり高機能で便利なアプリは溢れているんです。

しかし、そうしたアプリをインストールして使おうとすると、こんなアナウンスが表示される場合があります。

Macで開発元が未確認のアプリを開けない問題を解決する最も簡単な方法 1

インストールが許可されていない?開発元からのアプリケーションのみ?じゃあこのアプリは使えないの?

そんな事はありません。一時的で結構ですので、Macのセキュリティの設定をちょっと弄るだけで、問題は解決できます。

一番簡単なのは Control クリック

この問題の原因と解決方法については後述しますが、まずは一番簡単な解決方法をご紹介します。

開けなかったアプリを、Controlキーを押しながらクリックします。そして出てきたメニューから「開く」を選択。

Macで開発元が未確認のアプリを開けない問題を解決する最も簡単な方法 2

すると警告がアナウンスされますが、気にせず「開く」を選択。これで完了です。

Macで開発元が未確認のアプリを開けない問題を解決する最も簡単な方法 3

以降は普通にアプリを開くことができますよ。

根本解決は環境設定からセキュリティから

じゃあそもそもこれはなんで起こっているかって言うと、セキュリティの設定が問題なんです。

「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」を選択。

Macで開発元が未確認のアプリを開けない問題を解決する最も簡単な方法 4

タブの中から「一般」を選択し、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」設定を「すべてのアプリケーションを許可」に変更します。※設定を変更できなかったら、まずは左下の鍵アイコンをクリックして、変更を可能にします。

Macで開発元が未確認のアプリを開けない問題を解決する最も簡単な方法 5

この設定も、ある一定期間使わないと解除されてしまうので、その度に変更が必要になってしまいます。

なので、もし1つや2つのアプリを開きたいのであれば、一番最初にご紹介した「Controlキーを押しながらクリックし、出てきたメニューの開くを選択する」方が簡単で便利です。

ぜひ覚えておきましょう。

あとがき

AppStore以外の場所からダウンロードしたからといって、すべてが危険なわけではありません。ですが、許可するのも自己責任で。

便利なアプリも多いですからね。私はそうしたアプリも積極的に取り入れて、Macをより使いやすくさせていますよ。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です