iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneの画面を動画で撮りたい方へ!Macなら無料で超簡単

この記事のURLとタイトルをコピーする

IPhoneの画面を動画で撮りたい方へ Macなら無料で超簡単

iPhoneの画面の動きを誰かに伝えたいとき、画面を動画で撮影できたら一番ですよね。静止画と注釈では、やっぱり伝わりづらいですから。

と、そんな要望は昔からあって、それを実現するためのアプリなんてのも発売されていました。ただ、それがアホみたいに高い。

なので、iPhone画面の動画撮影は諦めていました。いまし “た” 。

でも、MacYosemiteにしてからは状況が一変。なんと、デフォルトで搭載されているアプリ「QuickTime」でiPhoneの画面動画撮影が可能になったんです!

MacのQuickTimeでiPhoneの画面を動画撮影する方法

やり方は結構カンタンなんです。言葉にすると面倒くさく感じるかもしれませんが、実際やってみると本当になんてこと無い作業なので、ぜひ一度お試しください。

まず最初に注意が必要なのが、iPhoneをMacのUSBに接続します。無線ではなく有線で繋ぐ必要があるので注意。

次に、QuickTimeを起動。メニューの「ファイル」から「新規ムービー収録」を選択します。

IPhoneの画面を動画で撮りたい方へ Macなら無料で超簡単 1

すると動画の撮影画面が表示されます。デフォルトの状態だと、きっとMacのFaceTime用のカメラが起動すると思います。

そうしたら、動画の撮影ボタンの右にある「▽」ボタンを選択。するとカメラの選択ができるので、iPhoneを選択します。

IPhoneの画面を動画で撮りたい方へ Macなら無料で超簡単 2

すると、録画画面がiPhoneの画面になると思います。これで完了。録画ボタンを押せば撮影が始まるので、後は普通にiPhoneを触るだけです。

IPhoneの画面を動画で撮りたい方へ Macなら無料で超簡単 3

iPhoneを横にすれば、横での録画にも対応しています。

IPhoneの画面を動画で撮りたい方へ Macなら無料で超簡単 4

iPhone内で流れるBGMを音声として収録したいときは、「マイク」の項目を「iPhone」にしてあげればOKです。

IPhoneの画面を動画で撮りたい方へ Macなら無料で超簡単 5

覚えておくと絶対重宝しますよ!ぜひメモっておきましょう。

あとがき

ブログでの活用ばかりでなく、普段使いでも本当に助かる機能の1つです。

iPhoneの操作について質問されることも多いので、そういった際に便利なんです。

いやはや、OSをYosemiteにしても嬉しいことばかりじゃなかったので、なんだか良かったですよ、ホント。救われた気持ちです。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です