01_Mac 01_新規アプリ紹介 02_アプリの使い方・活用方法 08_SNS系

各種メッセージツールを一元管理!SlackやFacebookやTwitterをまとめるアプリ「Franz」

chat-tool-matome-franz

仕事で使っているコミュニケーションツールが増えすぎて、通知や会話の管理がなかなかに煩雑になりつつあります。

Slack、Skype、ChatWork。他にもプライベートでは Facebook の Messenger や Twitter などなど。案件や相手によって使うツールが違うので、Macのアプリも常に複数開いている状態です。

しかしこの煩雑な管理状況を解決する救世主が現れたのです。

その名は「Franz (フランツ)」。各種メッセージサービスを、この「Franz」というアプリ一つでまとめて管理できるという、優れたアプリなのです。

ちなみにMacにもWindowsにも対応しているアプリです。

メッセージ・チャットツールを一元管理「Franz」

「Franz」のダウンロードは以下のURLからどうぞ。基本利用は無料ですので、安心してインストールしてください。

アプリを起動したら、自分が利用したいメッセージ・チャットサービスを一覧の中から選びます。

chat-tool-matome-franz

サービスを選ぶとポップアップが表示されます。サインインはまだ先で、まずは管理上のわかりやすい名前をつけます。

chat-tool-matome-franz

なんで名前をつけるのかというと、例えば「Twitterアカウントを2つ以上管理したい」といった場合のために、サービスを追加するたびに名前をつけられるんです。

サービスを追加すると、画面上部に追加したサービスが一覧で並びます。ドラッグすることで、各サービスの並び順の変更が可能です。

chat-tool-matome-franz

ここから各サービスを選び、ログインします。一度ログインしてしまえば、以降は「Franz」を起動するだけでOKです。

chat-tool-matome-franz

ログイン後は見慣れたサービス画面が展開されます。サービスごとに通知のオン/オフを設定できます。また、未読のメッセージや通知があった場合、各サービス名の横にバッチが表示されます。

chat-tool-matome-franz

使用できるメッセージ・チャットツールは以下の通り。日本ではあまり馴染みのないサービスもちらほら散見できますね。

chat-tool-matome-franz

 

こんな感じで、自分が愛用しているメッセージ・チャットツールをすべてまとめて「Franz」で管理できるのが嬉しい所。

言い方を変えれば、「Franz」さえ開いておけば、いちいち各サービスに合わせて別アプリを開く必要がないということです。

メッセージ・チャットツールが増えすぎて困っていた人は、ぜひ採用してみてください!

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_Mac, 01_新規アプリ紹介, 02_アプリの使い方・活用方法, 08_SNS系
-, , , , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.