02_アプリの使い方・活用方法 10_Evernote系

こんなアプリを待ち焦がれていた。Evernote専用のスキャナーアプリ「読取ゾウ」がスピーディでGood。



「iPhoneスキャナーアプリ×Evernote」の組合せは最強だと思っています。使いどころや活用の幅が広い。

私の場合、名刺の管理も写真を撮るだけですし、読んでいる本の気になったところを抜粋するときもスキャナーアプリを使います。

ただ、不満もありました。

今までは「GeniusScan」を使用していたのですが、撮影から保存までの工程が長いのが不満でした。

そんなとき、Punksteady@ika621さんがEvernote専用のスキャナーアプリを紹介されているのを知りました。

▼参考記事:

名刺・メモ・領収書をスキャンして Evernote に保存する ScanEver (読取象) | Punksteady

さっそく購入して試してみたのですが、これが素晴らしい。何が素晴らしいかって、スピードです。撮影→保存までの流れがスムーズでスピーディーなんです。今まで不満だった点が解消されました。

では、どんな感じなのか。お話ししましょう。

撮影から保存までが非常にスピーディー

読取ゾウ 1.00(¥170)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Zenon co.,ltd. - Zenon co.,ltd.(サイズ: 1.5 MB)

▼起動すると、すぐさまカメラが起動して撮影を開始できます。

▼撮影が終わったら、スキャン対象の四隅にマーカーを合わせます。

▼コレができあがりのイメージ。これでよければ、右下の上矢印をタップして終了。

これだけで、Evernoteへの保存が完了です。

もちろん、保存先のノートブックを指定したり、タグを付けたりすることもできます。

▼設定画面はこんな感じです。

あとがき

私の中で、一気にレギュラーアプリにまで駆け上がったアプリ。もうこれ無しではいられません。

ただ、良い点だけではなく、悪い点もひとつ。

スキャン対象の四隅を合わせる際、目印のマーカーが見づらいんです。薄い黒色なので、背景が黒だととても見にくい。

これが、今後のアップデートで解消されたら嬉しいなぁと個人的に思っています。

それでは、今回はこのあたりで。

■関連エントリー

【Evernote】50枚の名刺を10分で整理する。名刺管理も8割できれば上々という考え方。 

Evernoteへの読書記録は無料のGeniusScanが非常に役立つ。 任意の場所だけ抜き出して保存できるのが嬉しい。 

Evernoteにある「いつかやりたいこと」を忘れないために、Googleカレンダーにリマインダーを作っておこう。 

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_アプリの使い方・活用方法, 10_Evernote系
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.