01_新規アプリ紹介 02_アプリの使い方・活用方法

作業効率劇的改善。Macの左上メニューを即座に呼び出す「MenuMate」が超便利。

Macの操作の中でストレスを感じるのは、どんな瞬間でしょうか。私は、小さなアイコンにカーソルを合わせる時が非常にストレスです。

例えば左上のアイコン群。結構重要な項目が並んでいるにも関わらず、文字が小さいために、カーソルを合わせるのが億劫でならないのです。

そこで導入したのが「MenuMate」というアプリ。

これの良い所は、現在作業しているアプリで使用できる左上のメニューを、ショートカットで一発で呼び出せることにあります。

これだけで作業効率が半端なく上がる。今までの煩わしいカーソル合わせともオサラバです。

今日はそんな便利なMacアプリ「MenuMate」のご紹介です。サクッといきましょう。

MenuMate MenuMate
価格: ¥500
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

アプリをダウンロードする

MenuMateでできること

上述した通り、「MenuMate」では、現在使用しているアプリで使用できる左上メニューを、ショートカットで呼び出すことができます。

先ほどから言っている左上メニューとは、これのこと。
スクリーンショット 2013 01 04 3 57 59

文字が小さいために、いちいちカーソルを合わせるのが非常に面倒で、私の嫌いな作業の一つでした。
そこで、「MenuMate」。

予め設定しておいたショートカットを使用することで、現在使用しているアプリのメニューを、その場に表示させることができます。

例えば「Google Chrome」を起動しているとき。「履歴を見たいな〜」と思ったら、ショートカットキーを用いて「MenuMate」を起動。すると、カーソルのすぐ隣りにメニューが表示されるんです。
スクリーンショット 2013 01 04 3 59 13

これだけで、今まで億劫だった作業が劇的に楽になります。

ショートカットの設定

「MenuMate」では、メニューを表示させるためのショートカットキーを自分で設定することができます。

ショートカットを設定するときに気をつけたいのは、他のショートカットと重複してしまうこと。それを避けるためにも、「使いやすく、かつ被らないショートカット」を設定する必要があります。

なので私は「shift + option + Z」をショートカットに割振りました。

各ボタンが隣接しているため、同時に押しやすい。また、他のショートカットと被ることもないのでオススメです。

▼アプリを起動して「ホットキーコンビネーションの変更」を選択すれば、ショートカットキーの変更ができます。
スクリーンショット 2013 01 04 3 52 12  mini

▼私はショートカットに「shift + option + Z」を割当てました。
スクリーンショット 2013 01 04 3 52 20  mini

あとがき:なるべきカーソルは使わない

Macの作業を効率的に、そして素早く行いたいのであれば、カーソルでの作業を極力減らすことが重要です。

そのために、こういうアプリは積極的に利用していきたいですね。他にも、「BetterTouchTool」を利用して、アプリをショートカットキーで起動させる方法なども、合わせてオススメしています。

キーボードから手を動かすことなく作業ができると、本当に快適にMacを使うことができます。

それでは、今日はこのあたりで。

MenuMate MenuMate
価格: ¥500
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

アプリをダウンロードする

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_新規アプリ紹介, 02_アプリの使い方・活用方法
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.