10_文房具

「JETSTREAM 4&1」でシャープペンが不要な人には「STYLE FIT」がオススメ

長らくお世話になっていた、三菱鉛筆の「JetStream 4&1」ですが、この度違うペンに浮気することにしました。

それが「Style Fit」の5色ホルダー。

なぜ「Style Fit」を買ったのか。そして、なぜこれがオススメなのか。それはひとえに、私がシャープペンを使わないからです。

じゃあ「JET STREAM」の、あの滑らかな書き味を諦めてしまうのか。いえ、そういう事でもありません。

何故なら、「Style Fit」のリフィルには「JET STREAM」があるからです。

Style FitならJETSTREAMも使える

「Style FIT」はUniが販売しているゲルインキボールペンのシリーズです。ホルダーを買って、そこに自分の好きな色のリフィルを組み合わせて使う。これが特徴です。

しかし、Uniと言えば「JET STREAM」でも有名なメーカー。「…もしかして」と思ったら、やっぱりありました。

ほら、「Style Fit」でも「JET STREAM」のリフィルがある。つまり、「Style Fit」のホルダーを買えば、「JET STREAM」のインクが使えるんです。

※「JET STREAM 4&1」で使用するリフィルと、「Style Fit」で使用するリフィルは、ちょっと型が違います。そのまま代替できませんのでご注意を。

Style Fitの方がお得感が満点

「Style Fit」のホルダーには、いろんな種類があります。単色もあれば、3色、5色のホルダーがあり、デザインもまたまちまちです。

そして、そもそもゲルインキをリフィルとして使用するので、その色の豊富さが「JET STREAM」の比ではありません。

「JET STREAM」が、黒・赤・青・緑の4色なのに対して、「Style Fit」のカラーバリエーションは16色。基本の4色に加えて、その中間色を豊富に取り揃えています。

また、愛用していた「JET STREAM 4&1」の最大の欠点は、無条件でシャープペンを備えていること。「4&1」と言うだけあって、決して5色のボールペンを使えるわけではない。

シャープペンを使わない私にとって、「4&1」とは4色ボールペンと全く同じ機能しか果たしません。

それに比べて「Style Fit」は5色ホルダーがある。そこにシャープペンを入れる必要がなく、すべて色付きのリフィルを入れることができます。

こんなに嬉しいことはありません。

だから私はこう使う

私が愛用している「ほぼ日手帳カズン」には、ボールペンホルダーが2つ付いています。

そこで私は、「Style Fit」の5色ホルダーを2本指しています。合計10色。これだけあれば手帳の彩りも素晴らしく、楽しく手帳を書き込むことができます。

2012 12 01 01 53 08

内容しているカラーは、以下の通りです。

【1本目】
・ブラック (JET STREAM)
・レッド (JET STREAM)
・ブルー (JET STREAM)
・グリーン (ゲルインク)
・ゴールデンイエロー (ゲルインク)

【2本目】
・ライトブルー (ゲルインク)
・マンダリンオレンジ (ゲルインク)
・バイオレット(紫) (ゲルインク)
・ライムグリーン(黄緑) (ゲルインク)
・ピンク (ゲルインク)

どうです?聞いただけで手帳が賑やかになりそうでしょう?

あとがき:いっぱい色使いたいならオススメ

ゲルインキはコストパフォーマンスがいまいちです。インクはすぐに無くなっちゃうし、リフィルは高いしと、あまり良いことがありません。

それに比べて「JET STREAM」は油性ボールペン。超書き味が滑らかですが、れっきとした油性ボールペンなのです。

確かに、普通のボールペンに比べれば減りは早いですが、リフィルが¥100以下と安いため、コストパフォーマンスがそこそこ良いです。

だからこそ私は「JET STREAM」を使い続けたかった。加えて、手帳に色を増やしたかった。

これらの要求をかなえられるのが「Style Fit」。自分好みにカスタマイズできるってのも、なんだかそそられますね。

かなりオススメなので、この週末に文房具屋に行く機会があれば、ぜひ一度手に取ってみてください。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-10_文房具
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.