02_Evernote 04_ウェブサービス

【iPhone×メール】Evernote用のメールアドレスを宛先に一発で呼び出す方法

EvernoteとiPhoneの相性はよく、EvernoteにInputするには便利なアプリが星の数ほど存在します。

ですが、その中で最もシンプルで、最も活用の幅が広いのが、実はメール。

テキストはもちろんですが、受信したメールを転送すれば、添付されていたデータをEvernoteに送れますし。カメラロールから写真を送ることだってできます。

また、数多くのアプリでは「リンクURLをメールで送る」「ツイートをメールで送る」など、メールに紐付けてメモを取ることができます。

そこで活躍するのが、iPhoneのデフォルトメーラー。ここからEvernote用のアドレスにメールを送るわけです。

が…。

Evernote用アドレスを呼び出すのが、面倒だと思っていませんか?

「アドレス帳から探すのが大変」「いちいちアドレス帳の検索をかけるのが手間」などなど。

そのお悩みを一発で解決できる術が、実はiPhoneにはあるのです。

メールの宛先欄では予測候補を活用するとイイ

iPhoneのメールで宛先を入力する際はどうしていますか?

一般的には、アドレス欄の右側にある「+」を押してアドレス帳を開き、そこから宛先を選ぶと思います。

でも、アドレス帳の数はドンドン増えますし、グループに分けていたとしても探すのに時間がかかってしまいますよね。

そんなときには、宛先欄に送りたい人の名前・よみがな・アドレスの一部など、何かしらの関連情報をいれてみましょう。そうするとiPhoneは宛先の候補をアドレス帳から自動で検索し、表示してくれます。

これ、かなり便利です。私はいつもコレを利用し、メールの送信先アドレスを選択するときは送り先の人の読み仮名を打ち込んでます。これが一番手っ取り早い。

さて、ここからが本題。

この宛先候補の予測。これを利用すれば、たった1文字入力するだけでEvernoteのアドレスを呼び出せるのです。

宛先欄に1文字いれればOK

この予測候補機能は、宛先欄に1文字でも入れれば、送信先の候補を表示してくれます。

これを利用すれば、Evernoteに送るのも手間いらず。Evernoteへのメールがメチャクチャ楽になります。

設定の方法はカンタン。

まず、アドレス帳を開き、新規連絡先の作成画面を開きます。

そうしたら、姓に「Evernote」、読み仮名に「evernote」と入力。そして、メールアドレスにEvernoteの送信用メールアドレスを設定します。
※Evernoteの送信用メールアドレスの確認は、コチラを参照してください。

これで下準備は完了です。

さて、実際にメールを送るときはどうするか。

カンタンです。メールの宛先欄に「e」と打ち込むだけ。これだけで、先ほど作ったEvernote向けのアドレスが候補の一番上に表示されます。あとはこれをタップすればOK。

もし表示されなかった方は、一度メールを送って再度トライしてみてください。候補は送信履歴も関係するようなので、一度送信すると候補の上位にくるようです。

また、私は分かりやすいように姓と読み仮名「evernote」としましたが、他の文字でもだいじょうぶなはずです。検証はしていませんので確かではありませんが、自分のやりやすい設定をしておくといいでしょう。

あとがき

FastEverとかPostEverとか、iPhoneからEvernoteにデータを送るアプリはいっぱりあります。

ですがその中でも、オールマイティーに対応できるのがメールを使ってEvernoteに送る、この方法。私自身、かなり便利に使わせてもらってます。

いままで面倒だと思っていたアドレス検索が、今回のTipsでかなり便利に使えるようになったら嬉しいです♪

それではっ。


関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_Evernote, 04_ウェブサービス
-,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.