01_基本と応用 02_基本の使い方と設定

実はあなどれないTabキーの魅力について。意外と便利な機能がいっぱいなのですよ。

【読了時間:約3分】


数あるキーボードのキーの中で、Tabキーほど「縁の下の力持ち」的なキーも他にない。
実はコイツは結構できる子。使い方次第では作業の効率がグンッと上がる、重要なキーだったりするのです。
今まで、あまり意識したことありませんでしたか?
それでは今回、そんな陽の目をあまり見ないTabキーに、スポットライトを当ててみましょうか。

Tabキーはどんな動きをサポートするのか?

キーボードのホームポジションから、左手の小指を左へ1つ、上に1つ。
そう!そこっ!そいつがTabキーです!愛でてあげてください。

ざっくりした使い方は、以下のような感じになります。

Tabキーとは、キーボード上にある特殊キーの1つで、キートップに[Tab]と刻印されたキーのことである。
Tabキーは、文字列の間に区切り文字として入力したり、項目間のカーソルを移動したり、アクティブウィンドウを切り替えたりするために用いられる。

Tabキーとは (tabulator key, tab key) タブキー: - IT用語辞典バイナリ
つまり、選択位置の移動を全般的にサポートしてくれるヤツってことです。
では実際、私がどんな使い方をしているかお話しましょう。

アプリの選択と終了と

「command + tab」 → 起動中アプリの選択
以上のショートカットは、起動中のアプリを確認・移動するときに使います。

Commandキーを離すと、画面は消えます。
アプリの移動をする際は、カーソルを合わせた後に手を離せばOK。複数のアプリを開いている画面でも、最前列に表示してくれます。
そして、アプリの終了をしたい時は、カーソルを合わせて以下のショートカットを押します。
「command + Q」 → 選択中のアプリの終了

起動中のアプリすべてを終了したいときは、「command + tab」で選択画面を開き、そのままcommandを押しながらQを連打。打つべし打つべしっ!

ダイアログの選択もtabで行う

画面に選択式のダイアログが表示されたとき、キーボードやマウスでカーソルを選択肢に合わせていませんか?
この作業、意外と面倒だと思うんです。そんなときは、tabを使いましょう。

例えばテキストデータを作成したときにでるダイアログ。「セーブする?しない?それとも・・・やめちゃう//?」っていう選択を迫られたとき。
こんなときは、tabキーで選択カーソルを移動させることができます。
tabキーを押すと、一つ下の選択肢へ。上の選択肢に戻りたいときは、「shift + tab」です。
あとは、選択している項目でSpaceキーを押します。
ここで注意!returnキーじゃありません。returnキーを押すと、青く輝いている選択肢が無条件で決定されます。キャプチャの例であれば「Save」ですね。お気をつけを。

コメント作成→決定の流れがスムーズ

SNSなどでコメントの作成→投稿という流れ、かなり増えてきたと思います。
さて、コメントを作成し終わった後、マウスカーソルをいちいち投稿項目まで移動させていませんか?それも、tabで済ませてしまいましょう。
例えば私がよくやっている、ウェブページにFacebookのイイね!!を付けるときの話をします。
私はGoogleChromeのエクステンション「Facebook Like Button」を使用して、気になったウェブページには「イイね!!」とコメントを残すようにしています。
その時のコメント挿入フォームがこちら。

コメントを入れ終わったあと「投稿」という選択肢を押すのですが、マウスカーソルを合わせるには小さい。小さすぎる。
そこで、コメントを書き終わったら、tabで選択位置を「投稿」にし、returnで決定。これで投稿されます。tabをポチっとして、returnをスパーンッ!この流れで打ち込みます。

タブ式ブラウザーのタブ移動はtabで

「control + tab」 → 右のタブに移動
「control + shift + tab」 → 左のタブに移動
GoogleChromeなどのタブ式ウェブブラウザで、タブの移動をしたい時にも、tabキーが重宝します。
ショートカットは上記の通り。これで左右への行き来がスムーズに行なえます。いちいちマウスで移動させるのは面倒ですからね。

最後に、この設定だけはお忘れなく

私がよく使うtabキー操作は以上です。これらを知っていると知らないとでは、Macでの作業効率が全然違います。
さて、これらの機能を使うにあたって、1つ注意点。
もし「選択フォームの移動ができない!」などありましたら、以下の設定を見直してみてください。
◇システム環境設定→「キーボードとマウス」→「キーボードショートカット」
そこの、「フルキーボードアクセス」で「すべてのコントロール」のチェックボックスをチェック。


これをしていないと、tabの恩恵をフルに享受できないのです。お忘れなく。

あとがき

ここ最近はMacの作業を効率化するための記事を連発しております。
というのも、「実は、自分の生活の中でMacを前にしている時間がかなり長い!」と気づいてから、その時間をいかに効率的に、そしてストレスフリーに過ごせるがが重要だと悟ったのです。
これが「洗濯モノを効率的にとり込む10の秘訣!」では、短縮できる生活時間はたかがしれています。
ですが、パソコンは別。1日5時間をMacの前で過ごしているとすれば、1割効率化できれば30分の節約です。バカにできないですね。
普通のサラリーマンをしているとしても、この重要性には早く気づくべきです。
ショートカットとかランチャーアプリとかスニペットとか、面倒くさがらずに覚えましょう♪
ピアノマンが綺麗な音を奏でるなら、私はキーボードの音を綺麗に奏でて魅せます!


■効率化に関するリンク集

こちらの記事も参考にしてみてください♪
文書の作成効率が大幅にアップするショートカット。Macで文章を書く人へ。
アプリをキーボードから一発起動するショートカットを作成できる。そう、BetterTouchToolならね。
無料のスニペットアプリ「DashExpander」が高機能でスゴい。有料品に手が出せなかった方には朗報です。
Macのランチャーアプリ「Alfred」の便利さに、今さらながら気がついた。


わたしのスイッチを押すモノ達
【始めました】心踊った記事を集めるTumblrブログ

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_基本の使い方と設定

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.