01_iPadのアレコレ 01_基本と応用

iPad1と2を買っては手放した私が語る。iPadの魅力と不必要な理由。

【読了時間:約4分】

初代iPadが発売になった日、別に必要ないと感じて買いませんでした。

しかし、実の兄がドヤ顔で使っているところを見て羨ましくなり、32GBのWiFiモデルを買ったのでした。

けれど、あまり活躍することなく、タンスに放置される日が続きます。原因は、モッサリとした使用感だと、その時は思ったのです。

そして、iPad2が発売。店頭での試したときのサックリとした使用感から「これはイケる!」と判断。16GBのWiFiモデルを買いました。

そして今、私の手元にはその2つのiPadはありません。

なぜか。

それは、私の持っていたMacBook Airが大きく関係してきます。

これからNEW-iPadが発売となりますね♪心弾ませワクワクしている自分がいると共に、今回は買わないと決めている自分がいます。

では、なぜ買わないと決めたのか。そして、そんな私が言えるiPadとは。

今日は、そんなお話。

私のネット環境とアイテム

まず、私の状況がどんなものか想像しやすいように、今の環境をカンタンにご紹介します。

◇家は光回線 & WiFi
◇パソコンはMacBook Air 13'
◇iPhone4所持
◇PocketWiFi (Emobile品)所持

~購入 & 売却したiPad~
◇初代iPad…32GB / WiFiモデル
◇iPad2…16GB / WiFiモデル

こんな環境です。

意気揚々と買ったiPadですが、購入して半年ぐらいで全然使わなくなってしまったんです。

操作が複雑とか、スピードが足りないとか、そういう理由では一切ありません。むしろ、操作はカンタンだし、iPad2なんかはスピードがサクサク過ぎてニヤニヤしていました。

では、なぜ使わなくなってしまったのか。

一番の理由はMacBook Air (以下MBA)にあります。

iPadは持ち運びに便利?

iPadは、その軽さ・薄さに定評があります。

カバンに入れても邪魔にならないほどコンパクト。それでいて高機能・大画面。これが最大の魅力です。

さて、私の持っているMBAは13インチモデル。重量は1kg強で、大きさはA4ノートより少し大きいぐらいです。

これ、メッチャ軽いし、カバンにサクっと入る良いサイズなんですよ。

正直、iPadを持ち歩くもMBAを持ち歩くも、それほど煩わしさは変わりません。それほどMBAがスゴいんです。ジョブズさんが封筒に入れて持ってくるわけだ。

ですから、iPadだから持ち運びに便利だ!と感じることはほとんどなかったんです。

iPadの操作感は最高?

確かに、iPadのさわり心地は最高でした。iPhoneと同じような、流れるような動き。直感的な操作。間違いなく、最高です。

ですが、MBAでも事は足りるんです。タッチパッドがあるから。

MBAのタッチパッドも、5本の指まで感知して操作できます。また、BetterTouchToolというアプリを入れれば、自分で好きなアクションを設定できます。

これがあると、MBAの画面をタッチパッドひとつで自由自在に動かせる。iPadとは似て非なる物ですが、MBAだって充分に快適なんです。

そして、iPadになくてMBAにある大きな違い。それが、キーボードです。

iPadの大画面ならキーボードだって快適?

iPadの大画面でなら、キーボード操作もそこそこいけます。私はブラインドタッチで全然いけました。

ですが、速さで言えば間違いなくMBAのキーボードの方が速い。

TextExpanderなどの入力補助アプリを使用したところで、MBAの速さには追いつけないんです。

そうなると、iPadの使用目的は、やはり文章を書くことにはならないなぁと感じるのです。

じゃあ、キーボードが付属しているiPadケースや、Bluetoothキーボードを使用すればいいじゃないか!そう思われるかもしれません。

ですが、それならなぜiPadである必要があるのか。そう考えてしまうんです。

私がひねくれているからでもあるのですが、iPadはiPad。そのままが最高に美しいのであって、それにゴチャゴチャと付け足して使いたくなかったんです。

だって、あのジョブズが作ったデバイスなんですから。

iPadが最高に活躍する場面とは?

ここまで言っておいて、ちょっと補足しますが、私はiPadをディスってるわけではありません。iPadはiPadで、超カッコいいし魅力が満載です。

これは、使っていたのですから分かります。使う場面によっては最高のデバイスです。

では、その場面とはどんなときか。

それは、人と画面を共有するときです。

iPadが持つ最高の魅力。それは、タッチパネルと大画面ディスプレイ。そして、紙のような軽さ・薄さです。これが、人と共有するときには大活躍。

仕事でPDF資料をお客さんに見せるとき、iPadは最高でした。友達と写真や動画を見せ合うとき、最高です。

見せたい画面をiPadに表示して、「はいっ♪」って相手に渡す。この手軽さと、大画面の迫力・見やすさは、他に類をみません。

MBAでもできないことはないですが、本体をクルッと回す動作が煩わしいです。パソコンはやはり、人と共有するようにはできていない。自分専用のデバイスなんだと認識したものです。

そういう意味で、iPadは用途と場面によっては最高のデバイスになりえるんです。ただ、私の生活にはあまり必要なかった。MBAで事足りた。それだけのことなのです。

ですので、これからiPadの購入を考えている方がいらっしゃれば、是非考えてみてください。

自分は何故iPadを買うのか。iPadでなくてはいけない理由とはなにか。

安い買い物でないからこそ、後悔して欲しくはないのです。

みんなが気になる点1:WiFiモデル?3Gモデル?

最後に少し、私の経験談をお話ししようと思います。

まず、WiFiモデルが良いのか、3G(もしくは4G)モデルが良いのか?

PocketWiFiを持っている私は、WiFiモデルを買いました。ですが、お金に余裕があるなら3Gモデルをオススメします。

iPadの魅力を引き出したいなら、やはりネット回線は欠かせません。しかも、それは外出先で。

PocketWiFiを持ってるので外でもネットはできました。しかし、WiFiの電源のオンオフがめんどくさい & 時間がかかってイライラする。これがあります。

そこら辺の対策(常時WiFiオン & 外付けバッテリーによる電源対策) ができていれば、WiFiモデルでもいいと思います。ですがそうでなければ、何も気にすることなくネットに繋げられる3Gモデルをオススメします。

みんなが気になる点2:iPadで本を読む?

そしてもうひとつ、iPadで本を読むか?

正直、私はあまり活躍の場面がありませんでした。というのも、本を電子書籍化するのがめんどうだったのです。

また、iPadに数十冊と本が入っていても、その日に読むと決める本は1冊なんです。

それならカバンに1冊、本を忍び込ませればいいや。そういう結論に至ったのです。

実際の本の方が、書き込みできるし付箋張れるし、そういうスタイルの方が私には合っていたんですね、きっと。


iPadでは色々してきました。

高額のマインドマップアプリを買ったり、フレームワークアプリを買ったり。また、ゲームをやったり、iTunesStoreで借りた動画をみたり。

これはこれで、楽しい日々でしたよ♪映画を観るときの手軽さと言ったら最高でした、ホント。

それでもやっぱり手放してしまったのは、私にはMBAがあって、それで事が足りてしまったというのが理由ですね。

これがWindowsPCだったら、また違った今があったかと思います。

最後に、iPadで過ごす最高の休日をお教えしましょう。

まず、家の高速WiFi下でiTunesStoreに行く。そして映画を借り、それをiPadに入れます。

そしたらミスドやファミレスなど、ドリンク飲み放題のお店に行きます。

あとは、映画をの~んびり見つつ、飲み物をすする。これが、私の最高のiPadライフでした♪ぜひ、お試しアレ!

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_iPadのアレコレ, 01_基本と応用

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.