02_Evernote 04_ウェブサービス

えばつく@2:アカウントの作成方法と、無料会員とプレミアム会員の違いについて。

「Evernoteを0から一緒に作ろう」略して「えばつく」の第2回目です。

今回は、Evernoteの最初のステップである「アカウントの作成方法」についてご説明します。

それと、最初は無料アカウントを使用することになります。なので簡単に、無料アカウントとプレミアムアカウントの違いもご説明します。

最初はプレミアム会員を検討する必要はないかもしれませんが、その違いは知っておいて損はないですからね。

それでは早速参りましょう。

えばつくロゴ

アカウントの取得

1.Evernoteのトップページに行き、右上の「アカウント作成」をクリック。

スクリーンショット 2012 10 16 0 32 31

2.メールアドレス・ユーザー名・パスワードの3つを入力し、確認のための数字を入力します。

スクリーンショット 2012 10 16 0 33 45

3.登録したメールアドレスにEvernoteからメールが届くので、リンクURLをクリックして認証。

スクリーンショット 2012 10 16 0 35 45

これにてアカウント登録は終了です。

デスクトップクライアントをダウンロードしておこう

Evernoteはウェブ上でも使用できますが、ネット環境がないと使えないという制限があります。

ネット環境がなくとも、今まで保存したノートは閲覧・編集できた方が便利です。なので、デスクトップクライアントをダウンロードしておきましょう。

ダウンロードはEvernoteのトップページにある「Evernoteを無料で入手」をクリックして、案内に従うだけです。

スクリーンショット 2012 10 16 0 32 31 1

◇Mac用のデスクトップクライアントはコチラからどうぞ。

Evernote 3.3.1(無料)
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Evernote - Evernote(サイズ: 25.8 MB)
全てのバージョンの評価: (420件の評価)

◇iPhone・iPad用のEvernoteアプリはコチラからダウンロードできます。

Evernote 4.4.1(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote - Evernote(サイズ: 19 MB)
全てのバージョンの評価: (32,925件の評価)
iPhone/iPadの両方に対応

無料アカウントで出来ること

Evernoteには、無料のアカウントと、プレミアムアカウント(有料)の2つがあります。

その違いは以下の通り。

スクリーンショット 2012 10 17 5 20 49

細かい点は、以下の記事がとてもキレイにまとめてありますので参照ください。

Evernoteのプレミアム会員と無料会員の機能の違いまとめ | ひとぅブログ

私から、特に気にするべき違いをお伝えしておきます。

ノートの総容量

Evernoteを利用するにあたって、総容量の制限はありません。Evernoteに保存しておける総データ容量は無制限なのです。

ただし条件が。

それは、1ヶ月にアップロードできる容量に限りがあります。そして、無料とプレミアムではここが大きく違います。

無料の場合、1ヶ月にアップロードにできる容量は60MBまで。
プレミアムの場合、1ヶ月にアップロードできる容量は1GBまでとなっています。

ノート1つの最大容量

ノート1つに保存できるデータの容量にも違いがあります。

無料の場合は25MB、プレミアムの場合は50MBまで保存することができます。つまり、プレミアムの方が、ひとつのノートにより大きなデータを入れておくことができます。

今後、音楽ファイルなどの容量の大きなデータをノートに添付するなら重要な要素です。

オフラインノート

無料アカウントだと、iPhoneやAndroidでEvernoteを使う際、オンラインでの使用が条件になってしまいます。逆にプレミアム会員だと、特定のノートをオフラインで使用することができるようになります。

PDF内の文字検索

Evernoteのプレミアム会員だと、PDFファイルに記載されている文字列も、キーワード検索の検索対象になります。

「名刺を写真に撮って保存して、メールアドレスを検索」なんてこともできるわけです。

共有機能の違い

Evernoteのノートは、URLを教えることで他人と共有することができます。無料アカウントの場合、これを閲覧することしかできない。

プレミアムアカウントだと編集などもできるようになり、グループで1つのノートを共有したりできるようになります。

とりあえずは無料アカウントで

と、いろいろと違いはありますが、まずは使ってみないことには始まりません。無料アカウントでもできる事が多いわけですし、むしろ無理してプレミアム会員になる必要はないかな。

無料アカウントを利用していて「こういう使い方もしたいなぁ。それにはプレミアム会員が必要かな」と思った時に、初めて検討しましょう。

今回のまとめ

◇アカウントは取得できましたか?

◇Evernoteは、基本的にデスクトップクライアントを使用することが多い。忘れずダウンロードしておこう。

◇無料と有料会員の2つがある。今は「へぇ、こういうこともできるんだ」と頭に留めておく程度でOK。まずは無料アカウントを使って、Evernoteに慣れよう。

それでは、今日はこの辺りで。

・私の「えばつく用アカウント」を共有しています。コチラから確認してください。
バックナンバーはコチラからどうぞ。




関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_Evernote, 04_ウェブサービス
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.