iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

最高品質なプロの写真が無料かつクレジット表記不要で使える画像集サイト「Unsplash」

この記事のURLとタイトルをコピーする

unsplash-pro-photo

プロの写真家が撮った写真を、無料で、クレジット表記も不要で使用できるとしたら、あなたは魅力を感じるでしょうか。

ブログで画像が必要になる私にとってはこれ以上ないほど贅沢な話なのですが、「Unsplash」というウェブサービスでなら実現できてしまうのです。

プロの写真が集まるウェブサービス「Unsplash」

「Unsplash」というウェブサイト・ウェブサービスがあります。ここではプロのカメラマンが写真を投稿し、ユーザーはその写真を無料素材として使用することができます。

unsplash-pro-photo_1

本記事で使用している以降の写真は、すべて Unsplash からダウンロードした写真です。

今までも「無料素材画像」を謳い文句として画像を取り扱っているサイトは数多くありました。しかしそれらのサイトでは、こんな不満を感じていたのではないでしょうか。

  • 無料だけど加工もできないし使いにくい。
  • クレジットの表記が必要で面倒くさい。
  • 取り扱っている画像がひどい。センスがない。

unsplash-pro-photo_2

実際私はそう感じてきました。ブログに載せる写真を探すのですが、根本的に写真としての品質が悪いものばかり。お世辞にも「カッコいい」「センスに溢れている」と感じられるものはありませんでした。

そんな、ある意味「無料だから仕方なく許容していた部分を、すべて解消してくれるのが、この「Unsplash」というサイトです。

ハイセンス・ハイクオリティな写真ばかりが集まる

unsplash-pro-photo_3

Unsplash のサイトに行くと、真っ先に、このサイトのポリシーを目にすることになります。

Beautiful, free photos.
Gifted by the world’s most generous community of photographers.

美しくも、無料な写真ばかり。
これは、世界中で最も寛大な心を持つ写真家のコミュニティからの贈り物。

この言葉にすべてが集約されています。

unsplash-pro-photo_4

取り扱っている写真はすべて美しい。どれも目を奪われてしまうほどに、綺麗で、繊細で、ダイナミックで、ドラマチック。スクロールする毎にため息が溢れるほどの芸術作品ばかりです。

Unsplashは、一定以上の撮影技術があり、かつ解像度が3メガピクセル以上の画像を提供できるフォトグラファーの作品しか受け付けない。ただし、ライティングや構図の問題、過剰編集などの理由で写真を拒否する場合、Unsplashは改善のためのアドヴァイスをくれる。作品を提供するフォトグラファーは現在約4万人おり、その人数は増加を続けている。

via:プロの写真20万点が無料:ストックフォトサイト「Unsplash」の次なる一手|WIRED.jp

これらの写真はプロの写真家が撮影したもので、彼らがこのサイトに投稿しているのです。私たちはその写真を、無料で、そしてクレジットの表記など必要なく、利用することができます。

Unsplashは本当に無料?クレジット表記もいらない?

unsplash-pro-photo_5

本当に——本当に無料なのです。クレジット表記も不要で、コピー・改変(トリミングや画像加工)・配布・商用利用が可能です。

これは Unsplash のサイトにも以下のように明記されています。

All photos published on Unsplash can be used for free. You can use them for commercial and noncommercial purposes. You do not need to ask permission from or provide credit to the photographer or Unsplash, although it is appreciated when possible.

Unsplashに掲載された写真はすべて無料で使用できます。 あなたは商業的および非営利的な目的のためにそれらを使用することができます。 可能であれば有り難いですが、クレジットを提供する写真家または Unsplash からの許可を求める必要はありません。

via:License | Unsplash

少し例外もあります。しかし私のような個人ブロガーが使用するぶんには、著作権の明記は必要ないのです。

CC0では著作者の明記は推薦されていますが、必須ではありません、Unsplashライセンスでも同様に著作者の明記は推薦されているのみで、必須ではありません。

しかし、Unsplash API ガイドラインは著作者の明記が必要になりましたので、ご注意ください。ユーザーや開発者がUnsplashから画像を持ってくる方法により、著作者の明記が必要になる可能性があります。

via: 【写真】無料素材写真サイト、「Unsplash」がライセンスを変更 – bagelee(ベーグリー) | デザインと技術のおはなし

目的の写真を探すにはコツがいる

unsplash-pro-photo_6

ひとつ難点があるとすれば、それは「すべて英語」である点です。日本向けのサイトではありませんので、サイト内では共通して英語が使われます。

したがって、写真を探すときも英語でキーワード検索しなければならない。苦手な人にとっては少し苦痛に感じるかもしれません。

ただ、わたし個人的には、それもひとつの魅力だなと思っています。

unsplash-pro-photo_7

キーワードで検索したけれど、目指している構図の写真が見つからなかった。しかし、そこにあるのはどれも素晴らしいほどの作品ばかり。「こんな写真があるなら、こっちを使おう」と、新しい出会いが生まれる。そんなサイトです。

キーワード検索以外にも、「コレクション」といったジャンル別に写真をまとめたページもありますし、「タグ」による写真の属性からの検索も可能です。

なので、慣れてしまうとそこまで不便にも感じません。ぜひ使い慣れていってください。

超高品質な壁紙も手に入る

unsplash-pro-photo_8

「Wallpaper(壁紙)」というページもあります。「お気に入りのパソコンやスマートフォンの壁紙用の画像」が集まるわけですが、これは、このサイトが本当に品質の良いものばかり集まる証拠です。

「Desktop Wallpaper」「iPhone Wallpaper」「4K Wallpaper」など、デバイスや目的別に画像を探すことができます。壁紙に飽きてきたときには、ぜひ利用してみてください。

unsplash-pro-photo_9


これだけ品質が良いと、利用用途はブログのアイキャッチにとどまりません。ウェブサイトの制作やチラシなど、普通に仕事の中でも使っていけますね。

以上、私が愛してやまない無料写真素材サイトでした。ぜひ利用してみてください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です