iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Googleの画像圧縮ツール「Squoosh」が優れている4つの理由

この記事のURLとタイトルをコピーする
squoosh-miryoku

写真や画像は、大サイズで綺麗なのは嬉しいのですが、それが弊害になるケースも多々あります。

「ウェブサイトにアップしたらページの表示速度が遅くなった」「写真を人に送ろうとしたら、えらい時間がかかった」など、大きな画像はそれだけ多くの通信を必要とします。

そこで活用したいのが「画像圧縮ツール」です。画像の品質を極力落とさずに、容量だけを落としてくれるツール。

なかでもGoogleが提供している画像圧縮ツール「Squooshスクオッシュ」は非常に優秀で、他のアプリよりも便利な点が多いのでオススメです。

「Squoosh」の基本的な使い方

1Squooshスクオッシュ」はウェブブラウザから使えるツールです。使用するために、以下のURLにアクセスします。

2「select an image」を押すか、圧縮したい画像を直接「Squooshスクオッシュ」の画面にドロップします。

squoosh-miryoku_1

3細かい設定はできるものの、基本的にはこれで圧縮完了です。

squoosh-miryoku_2

左下がオリジナルのサイズで、右下が圧縮後のサイズ。この画像だと52%ものサイズ圧縮に成功したことになります。

圧縮後の画像は右下のアイコンからダウンロードできます。

これだけです。この使いやすさ、簡単さも「Squooshスクオッシュ」の魅力のひとつ。しかしこれだけではなく、「Squooshスクオッシュ」には他の圧縮ツールにはない特徴があります。

「Squoosh」の魅力①:ファイル形式を選ばない

私は普段、jpg画像ならアプリ「JPEGmini」を、png画像なら「PNG mini」を使っています。

JPEGmini

3,500円
(2019.09.20時点)
posted with ポチレバ
PNG mini

240円
(2019.09.20時点)
posted with ポチレバ

それぞれ圧縮できる画像の形式が決まっているため、圧縮したい画像に応じてわざわざツールを使い分けなければならないのです。これが本当に面倒くさい。

その点「Squooshスクオッシュ」は画像の形式を選ばずに圧縮してくれるので重宝します。何も考えずに、ただ圧縮したい画像を放り込めば良いのです。

「Squoosh」の魅力②:圧縮後の品質を調整できる

今までなら、「画像の大きさを変更するツール」と「画像を圧縮するツール」は別々に使っていました。しかし「Squooshスクオッシュ」であれば両方を同時に行うことができます。

squoosh-miryoku_3
各項目の意味

Resize:リサイズ

Reduce palette:色数、ディザリング調整

Compress(プルダウン):圧縮形式

Quality:画像品質

圧縮メニューの「Resize」にチェックをいれると、各種項目が表示されます。いろいろ細かい設定はできるようですが、「Width(横幅)」と「Height(高さ)」が調整できれば十分です。

圧縮後の画質を調整することも可能です。「Quality」の目盛りを下げれば、より画質を低下させて、その分だけサイズを軽くさせることができます。

ちょっとした小ネタですが、「Quality」を2ぐらいまで下げると、一昔前のファミコンのゲーム画面のような雰囲気を作り出せます。

squoosh-miryoku_5

「Squoosh」の魅力③:オフラインでも使える

Squooshスクオッシュ」を利用するためにブラウザからページにアクセスするわけですが、ネットワークが必要なのは初回だけ。2回目以降はオフラインで利用することができます。

なので普通のアプリケーションと同じように利用できます。通信量を気にする必要はありません。

「Squoosh」の魅力④:スマホでも使える

Squooshスクオッシュ」はスマートフォンでも利用することができます。

使い方も簡単で、スマホの場合は細かい設定などはなく、圧縮したい画像を選ぶだけ。アップロードしたら自動的に圧縮してくれます。

squoosh-miryoku_4

最近のiPhoneの写真は高画質で良いのですが、人と共有したり、どこかへアップロードするには容量が大きすぎて、通信量が心配。

そんなときにも、スマホ版「Squooshスクオッシュ」で圧縮を挟んであげられたら安心ですね。

複数の写真も一気に圧縮できないのが欠点

Squooshスクオッシュ」の唯一といっていいほどの欠点は、複数の画像を一括で圧縮できない点です。

1枚ずつしか処理できないので、「アップロード→圧縮→ダウンロード、アップロード→圧縮→ダウンロード……」という処理を繰り返さなければなりません。

先に紹介した「JPEGmini」や「PNG mini」は大量の画像を一気に圧縮してくれるので、そういう点では優位です。

「ウェブサイトで使用する画像や、ブログの記事に使用する画像を、一括でズドンと圧縮したい」という用途であれば、アプリの利用をすることをオススメします。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする