iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

ロディア(RHODIA)のサイズ一覧と大きさの目安まとめ

この記事のURLとタイトルをコピーする

ロディア(RHODIA)の品番を見ても、サイズ感がわからない!そんな方のために、品番とサイズを一覧にしつつ、大きさの目安もまとめてみました。

Amazonや楽天で大量買したいと思ったときに、品番で頭を悩ませた経験があるのは、私だけではないはず。ぜひ参考にしてみてください。

ロディア(RHODIA)の各品番のサイズ一覧

RHODIA サイズ 大きさ目安
No.10 5.2 × 7.5cm かなり小さい。男性の手の平の中で収まるサイズ。
No.11 7.4 × 10.5 cm RHODIAの中で一番メジャーで定番なサイズ。男性の手の平が隠れる。
No.12 8.5 × 12 cm 定番サイズより一回り大きい。私がいつも「定番を買おうとして間違える」品番。
No.13 10.5 × 14.8 cm A6。男性の手の指先まで隠れる。もしくは、一般的なボールペンより少し大きいぐらい。
No.14 11.0 × 17.0 cm No.13と横幅が同じぐらいだが、少し縦が長い長方形型。
No.16 14.8 × 21.0 cm A5サイズ。一般的なボールペンより断然大きく、iPadより一回り小さいぐらい。
No.18 21.0 × 29.7 cm A4(一般的なノートと同じ)。切り離した紙はA4より小さくなる
No.19 21.0 × 31.8 cm A4よりちょっとだけ縦に長い。切り離した紙がA4になる
No.38 42.0× 31.8 cm No.19の2冊分の大きさ。切り離した紙の大きさがA3サイズ(普通のノートの見開き1ページ分)
No.148 14.8 × 14.8 cm 唯一の正方形

 

▼画像をクリックすると大きく見られます。
rhodia_size_ichiran_02.jpg
参考:http://www.bloc-rhodia.jp/#memo

間違いやすい「No.10」「No.11」「No.12」

私が「いつも使っているヤツが欲しい」と思ったときに、頭を悩ませているのが「No.10」「No.11」「No.12」の3つ。

「No.11だったはずなんだけど、なんだか自信がない」というのが、Amazonで大量購入に踏み出せない理由です。

そこで、わかりやすいように大きさの目安を写真で残しておこうと思います。

No.10

一番小さいサイズ。印象よりもずっと小さくて、手の平の中にスッポリ収まるサイズ。iPhone 6 の液晶の中に収まってしまいます。

Rhodia size hikaku 1

Rhodia size hikaku 2

No.11

これが定番のサイズ。自分の手の平が隠れるぐらいの大きさです。iPhone 6 と比べると——縦横比は置いておいて——まぁまぁ同じぐらいのサイズ感。

Rhodia size hikaku 3

Rhodia size hikaku 4

No.12

手の平より二回りぐらい大きい。iPhone 6 と比べると、縦が同じぐらいですが、横は余るぐらい大きい。手でガッシリ掴むぐらいのサイズ感です。

Rhodia size hikaku 6

Rhodia size hikaku 5

ちなみに、No.11と間違えて買ってしまって、自分が愛用しているケースに入らなくて苦い思いをしたことがあります。

A4サイズが欲しいときには注意が必要

A4サイズ。つまり一般的なノートの一枚分の大きさが欲しい場合は、選択肢として2つあります。

「No.18」と「No.19」です。そして、ここで注意が必要。

「No.18」は、ノートパッド自体がA4サイズ。切り取った紙は一回り小さくなるので、A4サイズより小さくなってしまいます。

「No.19」は、ノートパッド自体はA4より少し大きい。その代わり、切り取った紙がちょうどA4サイズになるように設計されています。

この違いが意外と大きかったりするので、注意が必要です。

執筆後記

目安をメモしておいても、実際は「あれ?この品番で本当にあってる?」と心配になってしまう。特にウェブでまとめ買いするときは慎重になってしまいますね。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    まだデータがありません。