iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneの低電力モードを最速でオンにするならSiriを使え!

この記事のURLとタイトルをコピーする

iOS 9からiPhoneにも実装された「低電力モード」。これを使えば、iPhoneの駆動時間を延ばすことができます。

ただ、設定画面をいちいち開いて設定していてはとても面倒。なので私はよくSiriを使って設定の切り替えをしています。

今日はそんな「低電力モード」の解説と、最速で設定を変更するためのSiriの活用についてお話しようと思います。

低電力モードで行われる制限

最初に少し、低電力モードについて解説を。

低電力モードはiOS 9から実装された、iPhoneの消費電力を抑えるモードのこと。これを実行することで、様々な機能を制限するのと引き換えに、iPhoneの駆動時間を長引かせることができます。

制限されるのは、例えば以下の機能。

  • メールの取得
  • Hey Siri
  • App のバックグラウンド更新
  • 自動ダウンロード
  • Wi-Fi の関連付け(AirDropやiCloudシンクなどの連携機能も停止)
  • 一部のビジュアルエフェクト

その他チラッと気がついたところで、バックライトが消えるのも早く設定されているみたい。少し目を離すと、すぐにiPhoneが真っ暗 & ロック状態になります。

また、他の記事を参照するに、CPUのパフォーマンスも40%ほど低下するようですね。使っている中ではあんまり気にならないレベルでしたが。

低電力モードの一般的な設定方法

低電力モードを使用するには、「設定 > バッテリー」と進み、「低電力モード」をオンにすればOK。

Power save mode 2

もしくは、バッテリーの残量が20%以下になるとiPhone側から「バッテリーが低下してるけど、低電力モードにする?」と警告をもらうこともできます。

Power save mode 3

逆にiPhoneの充電量が80%以上になると、低電力モードは自動的にオフになり ます。

低電力モードがオンになると、右上のバッテリーアイコンが黄色くなります。

Power save mode 5

低電力モードを最速でオンにする方法

私は結構気に入っているこの低電力モード。

「あっ。残り40%しかない。でもこれから外出に出ちゃうし充電してる余裕もない……」なんてときの緊急回避策として重宝しています。あと、家に帰ろうと仕事場を出るタイミングで残量が30%しかなかったときとかね。

ただ、設定画面をいちいち開くのは非常に面倒くさい。わざわざ何回もタップして設定を変更するのは面倒くさいのです。

なので私はSiriを使います

Siriを起動して「低電力モードをオンにして」と言えば、それだけで設定を変更してくれます。

Power save mode 4

ちなみに「電力モードをオンにして」と言っても対応してくれます。そのあたりを臨機応変に対応してくれるSiriさんマジ天使。


iPhoneの設定各種は、いちいち設定アプリを開くよりも、Siriにお願いしてしまったほうが早く済むケースが多いです。

「外でSiriを使うのは恥ずかしい……」と思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、自分が思っているほど他人は気にしませんよ。

それに、iPhoneはそもそも電話ですから。Siriを起動したら電話をするように耳にあててしゃべりかければ、少し気がそらせるかもしれません。私はいつもそうしています。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です