iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

【Notion】情報を1ヶ所に集約してから整理整頓するInbox理論が有効

この記事のURLとタイトルをコピーする
notion-inbox-seiri

Evernote の代替として活躍中の Notion 。自分用のデータベースとして構築を進めておるところだ。

Notion の強みは、ページのレイアウトの豊富さと、それによる情報の整理整頓のカンタンさにある。そういう点は Evernote と違う便利さだ。Evernote はホント、大雑把にいえば、テキストでしか記録を残せなかったからなぁ。

その分、Notion より Evernote が優れているのは「検索機能」だろう。

Evernote は、けっこう雑に使っても機能していた。とりあえずメモを放り込んでおいても、あとから検索すれば、大抵の場合は必要な情報が取り出せるものだった。

その点で Notion はまだ弱い。適当な管理をしていると、とたんに「あのメモ、どこにやったっけ?」というピンチに追い込まれてしまう。

Notion では、情報をどこに集めて、どこに置くかが、意外と重要になる。

だからぼくは、まぁ Evernote でも同じことをしていたんだけれども、「Inbox 整理術」が有効だと思って実践している。

Inbox整理術とは

notion-inbox-seiri_1

もともとは Getting Things Done、通称GTDというタスク管理手法における考え方のひとつで。概要は以下の通りだ。

頭の中にあるすべての事柄を、とりあえず「Inbox」と呼ばれる箱にとりあえず入れる。まずは入れる。それが “何か” という「判断」はあとでするとして、まずは頭を空っぽにするために、すべてを Inbox に集約する。

そして、頭の中のものをすべて出しきったら、ようやく「判断」のフローとなる。Inbox に入れたものを一つひとつ摘み上げて、それが Todo なのか、ただの参考資料なのかを、判断し、適切に整理整頓していく。

これがいわゆる GTD におけるタスク管理のフローで、GTD が優れていると呼ばれる由縁である。

これはタスク管理にだけいえることじゃあない。たとえば家の掃除でもそうだ。

タンスの片付けをするのに、もっとも効率的な方法は、まず一度、タンスの中のものをすべてぶちまけて、それから「これはいる」「これはいらない」など判断し、整理していくことである。

絶対にやってはいけないのが、タンスの一番上の引き出しを開けて、ひとつものを摘み上げて、「これはいらない」といってゴミ箱に捨てて、そして次のものを拾い上げ、「これはまだ使える」とタンスに戻す作業だ。

これではいつまで経ってもタンスはキレイにならないし、ものを適切な場所に配置することもできない。

作業は単純でシンプルなほうがいい。「A→B→C→A→B→C→A→B→C」という作業は非常に非効率なのだから、作業手順は「A→A→A→B→B→B→C→C→C」とするべきだ。

だから、まずは一箇所に集める。それだけに集中する。判断は後回し。

これを Notion でも活用する。

Notion の Inbox ノート

ぼくは Notion の一番上に「Inbox」というノートを作っている。ここがすべての情報の受け皿で、どんな情報もまずはココに入れるように心がけている。

notion-inbox-seiri_2

妻から依頼された買い物のメモ。ちょっとしたブログ記事アイデア。仕事で発生したやるべきこと。たまに見返したくなる娘の動画のワンショット。琴線に触れた言葉。ウェブで見つけたあとで読みたい記事。

こういった、ぼくに関するあらゆる情報を、まずはこの Inbox に集めるのだ

べつに、最終的に Notion のメモとして残さなくてもいい。捨ててしまうしれないメモもある。鼻紙にすらならない程度の、アホくさいメモだっていいのだ。

重要なのは「ここに必ずある」って安心感だ。

「あのメモ、どこいった?」「さっき良いアイデア思いついたんだけど、なんだったかなぁ」「さっき先輩にやっといてって言われたこと、なんだっけ?」

ぼくは自分を過大評価しない。忘れっぽいことも自覚しているし、記憶に頼ることもしない。慢心しないし、油断もしない。バカだからね。

取ったメモを一箇所に集めておけば、仮に Inbox の中が10万のメモで埋め尽くされたとしても、時間さえかければぼくは欲しい情報を取り出すことができる

だってぼくは、そこにあるってことだけは、しっかりと覚えていられるから。

執筆後記

Notion は、自分のデータベースを構築していく過程が、なんともいえない快感で、とても楽しい。

ただ、いきなり 100% 正解の整頓方法を見つけ出すのは難しいから、基本はトライ・アンド・エラーの繰り返しだ。

だからこそ、Inbox 理論を取り入れて、情報のありかを明確にしておくことが大切なんだ。ぜひ試してみて。

GTDに興味を持った人は、以下の書籍を読むと良い。ここにGTDのすべてが書かれている。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする