iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Macで「I Wanna Be The Guy」が遊べるようになる簡単な方法。これでWinのゲームを遊べるぞ!

この記事のURLとタイトルをコピーする

実は私、ゲーム好きです。学生時代の頃から結構な量のゲームをやっていました。今はあまりゲームをする機会がありませんでしたが、ちょっと気になっていたゲームが一つあります。

それが「I Wanna Be The Guy」というフリーゲーム。”鬼畜”という言葉がこれほど似合うゲームもなく、プレイヤーの心を折るために作られたアクションゲームです。

ただ、Windows用のゲームということもあり、今までMacで遊ぶ手段は一切ありませんでした。

しかし今回、このゲームをMacでやることに成功しました。ちょっとアプリをインストールしたら出来るようになったので、その方法をご紹介します。これさえ知っておけば、他のWindows用のゲームも遊べるようになると思いますよ。

アプリ「NXWine」をインストール

まず、「NXWine」というアプリをインストールします。これは、Windows用のアプリをMacで起動することができる素晴らしいアプリ。以下のリンクからダウンロードすることができます。

NXWine – No X11 Wine for OS X – mattintosh note -hatena-

上記のリンクからページに移動したら、以下の画像の場所からアプリをダウンロードしてください。

NXWineのダウンロード

インストールしたら準備は完了です。次に、肝心のゲーム「I Wanna Be The Guy」をダウンロードしましょう。

フリーゲーム「I Wanna Be The Guy」をダウンロード

フリーゲーム「I Wanna Be The Guy」は以下のリンクからダウンロードできます。

I Wanna Be The Guy – An Indie Platformer Game | Game Jolt

ダウンロードできるのは2タイプありますが、私には違いがわかりませんでした。こういう時、英語が苦手だと大変ですね。とりあえず左の「Frame Skip」をダウンロードしました。

I Wanna Be The Guyのダウンロード

これですべての準備が完了しました。あとは、起動するときにちょっと一手間加えるだけです。

「I Wanna Be The Guy」を「NXWine」で起動する

ダウンロードした「I Wanna Be The Guy」のファイルは、拡張子「.exe」となっています。これをこのまま起動してもゲームは遊べません。

ファイルの上で右クリックをし、「このアプリケーションで開く」から「NXWine」を選択します。

I Wanna Be The GuyをNXWineで起動

すると、無事ゲームの画面が出てきました。

I Wanna Be The GuyをMacで遊ぶ

あとがき

やっと念願叶って、目当てのゲームをやることができます!既にメチャクチャ心を折られていますが、のんびりやっていこうと思いますよ。

何より嬉しいのが、この「NXWine」を使えばWindows用のアプリを使用できると分かった点。これからますますMacの用途が増えていきそうです。

それでは、今日はこのあたりで。




今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする