iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Macでパスワード付きZIPファイルを作るなら「iZip」活用が一番簡単

この記事のURLとタイトルをコピーする

mac-zip-password

クライアントにファイルを送りたいんだけど、Zipに変換して、かつZip自体にパスワードを掛ける方法ってない?

bamka

2種類あって、アプリを使う方法か、ターミナルを使う方法があるよ

ターミナルはイヤやぁ。全然使い方わからないから、簡単そうなアプリでの方法を教えてプリーズ!

Macでパスワード付きZIPを作る方法「iZip」

MacでZIPファイルを作り、そのZIPファイルにパスワードを付ける方法をご紹介します。上述した通り方法はいくつかありますが「iZip」というアプリを使う方法が一番わかりやすくて簡単だと思います。

アプリ「iZip」は以下のURLから無料でダウンロードできます。

1インストールしたらアプリを開き、まず最初に左上の「NEW」を選択します。

mac-zip-password_1

2ZIPファイルの名前と保存場所を決めますので、「Specify name」のボタンをクリックします。

mac-zip-password_2

3ファイルの名前と保存場所を設定します。

mac-zip-password_3

4「Extra compression」をするかしないかという選択ですが、特にする必要はないのでチェックを外し、右下の「Next」をクリック。

mac-zip-password_4

5パスワードの設定画面です。「Enable password protection」にチェックを入れて、パスワードの設定を行います。2つの空欄に同じパスワードを入力しましょう。

mac-zip-password_5

6Zipファイルの暗号化設定です。一番上が「暗号化しない」という選択肢で、下に行くほどセキュリティが強くなります。こだわりがない限りは一番下で良いでしょう。

mac-zip-password_6

7Zipファイルにしたいファイルをドラッグ&ドロップで登録します。個別のファイルでも良いですし、フォルダごと放り込んでもOKです。

mac-zip-password_7

8最後の確認画面です。気にせず「Next」を押しましょう。

mac-zip-password_8

9これにてZIPファイルの完成です。

mac-zip-password_9

10作ったZIPを解凍しようとするとパスワードを求められました。完璧ですね。

mac-zip-password_10

これを使えば、クライアントに重要なファイルを送付するときも安心ですね。是非活用してみてください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする