iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Mac愛用者がWindowsキーボードを使って感じる不便さあるある

この記事のURLとタイトルをコピーする

自分用に買った初めてのパソコンはMac Bookでした。大学生の時でしたね。それからずーっとMacを使ってきたので、逆にWindows端末にはあんまり触れてきませんでした。たまに仕事で触るぐらい。

悩ましいのはキーボードの扱い。絶妙なほどに微妙な違いが随所にあるせいで、Windowsキーボードが使いづらいと感じることが多々あります。

「Macを愛用している人ならわかってくれるんじゃないかなぁ」と思える、MacとWindowsのキーボードの扱いの違いを挙げてみました。「enthumble」という無料のWindowsアプリで解決できる操作もあるので、合わせてチェックしてみてください。

なお、私が言っているMacのキーボードは、日本語配列のもの。US配列ではありませんので、その点はあしからず。

mac-win-keyboard-aruaru

かな/英数字が入れ替え方式

一番最初の戸惑いはコレですね。Macの tabキー がある辺りに、半角/全角なんていうキーがある。しかも押すたびに「日本語」→「英数」と切り替わる方式。

Macなら「英語を使いたいときは左手の親指で、日本語を使いたいときは右手の親指で」という風に、日本語と英数字の切り替えがそれぞれ独立していました。

くらべてWindowsは切り替え方式。そのせいで「いまの自分は日本語/英語どっちの入力方式であるのか」を常に理解しないといけないという面倒くささがあります。

deleteキーが2タイプある

Macの deleteキー は、押せばカーソルの前の文字を消します。fn + deleteキー で、カーソルの前の文字を消します。

deleteキー は一つだけで、組み合わせで機能を変えるのがMac式。

でもWindowsは deleteキー の他に BackSpaceキー というものが存在します。しかも機能が微妙にMacと違う。

「Windowsの BackSpaceキー」 = 「Macの deleteキー」なので、後ろの文字を消します。
「Windowsの deleteキー」 = 「Macの fn + deleteキー」なので、前の文字を消します。

まぁ BackSpaceキー の配置がMacの deleteキー と同じなので、使い勝手に大きな影響はないかもしれませんが。

HomeキーとかEndキーが邪魔をする

カーソルを文頭に移動させる Homeキー や、文末に移動させる Endキー。機能としては嬉しいのですが、なぜ独立したキーとしたんでしょうね。

Macであれば Controlキー との組み合わせで、簡単にカーソル移動ができるのに。

Ctrl + F カーソルを1つ右に
Ctrl + B カーソルを1つ左に
Ctrl + N カーソルを1つ下に
Ctrl + P カーソルを1つ上に
Ctrl + A カーソルを文頭に
Ctrl + E カーソルを文末に

Controlキーの位置が遠い

Macの Commandキー と同じ役割をもつのは、Windowsでいう Controlキー。これ自体がちょっとややこしい上に、その配置場所がいやらしい。

Windowsの Controlキー はキーボードの一番左下になるのです。Macでいう capsキー があるところ。これはなかなか慣れなくて使いづらいのです。

なんてことはないコピー&ペーストの作業ですら、ちょっと手元を確認してしまう。

Caps Lockを押してもオン/オフが切り替わらない

Macの Caps Lockキー は、キーを押すだけでオン/オフが切り替わります。しかもオンになっているときはキーが緑色に光るのでわかりやすい。

でもWindowsは Caps Lockキー を押してもオン/オフが切り替わらないんです。なんと Shift を押しながら Caps Lockキー を押さないといけないという。

合わせ技でしか使えないキーを、なんで独立させて置いてあるんでしょうね。


かな/英数の切り替えや、手元でのカーソル移動など。Mac特有の非常に便利な操作性をWindowsでも使いたい。

そんな方には「enthumble」なんていう便利な無料Windowsアプリがありますので、ぜひこちらを活用してみてください。Macを使い慣れている人にとっては、非常に便利なアプリとなっています。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です