iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Macで鳴っている音声込みで画面を録画する方法

この記事のURLとタイトルをコピーする
mac-sound-captcha

Macにはスクリーンキャプチャ機能があって、それを使えばMacの画面を録画するのはカンタンだ。

しかしそこでは普通、Macで鳴っている音を拾うことはできない。マイクで環境音を録音することはできるが、Macで鳴っている音を録音することはできないのだ。

しかしアプリを入れれば別。「soundflower」というフリーアプリを入れれば、Macで鳴っている音を録音することができるようになる。

アプリ「soundflower」のインストール方法

Macで鳴っている音を録音しながらMacの画面を録画するためには、フリーアプリ「soundflower」をインストール必要がある。ダウンロードは以下のURLから可能。

画面をスクロールして、「Soundflower-2.0b2.dmg」と書かれたリンクをクリックする。
※2019/03/11時点では「2.0b2」が最新のようです。

mac-sound-captcha_1

ダウンロードしたファイルを開き、開いた先の「Soundflower.pkg」をダブルクリックして起動。

mac-sound-captcha_2

「開発元が未確認のため開けません」となった場合は、「Soundflower.pkg」をダブルクリックで開こうとせず、右クリックメニューの中にある「開く」を選択しよう。

mac-sound-captcha_3

すると「開いてもよろしいですか?」という選択肢に変わるので、そこで「開く」を押せば、問題なくファイルを開けることができる。

mac-sound-captcha_4

案内に沿って進んでいき、最後に「インストール」を押せば完了だ。

mac-sound-captcha_5

「機能拡張がブロックされました」とアラートが表示されて、インストールができない場合もある。

mac-sound-captcha_6

その場合は、システム環境設定の「セキュリティ」を開き、「開発元 MATT INGALLS のシステムソフトウェアの〜」の「許可」のボタンを押し、左下の鍵マークを解除すれば、インストールできるようになる。

mac-sound-captcha_7

最近のなかで一番いい買い物ができました。竹製の腕時計です。
今まで着けていた腕時計にどこか違和感を感じはじめ、「極限まで軽い腕時計」を探し始めたのがきっかけでした。

竹でできた時計は、信じられないほどの軽さで、綿あめを持つぐらいの感覚。自然のもつぬくもりや暖かさも相まって、腕に着けていることを忘れるほどの自然さです。

金属製の時計が苦手・重いものを身に着けたくないって方にオススメしたい逸品です!

Macで鳴っている音声込みで画面を録画する方法

前準備:サウンドの設定

Macで鳴っている音声込みで画面を録画するには、前準備として「サウンドの出力設定」を変更する必要がある。Macのシステム環境設定を開き、「サウンド」を選択。

mac-sound-captcha_8

「出力」のタブの選び、「Soundflower(2ch)」を選択しておく。これを忘れずに行おう。

mac-sound-captcha_9

録画が終わったら、この設定をもとに戻すのも忘れずに!

Macの画面を録画する方法は2つある。ひとつは「スクリーンショット.app」を利用する方法、もうひとつは「QuickTime Player」を利用する方法だ。

先に注意点をひとつ。画面の音声を録音しながら録画をするとき、録画中に音声を確認することができない。無音だ。

なので音声の確認は録画し終わったムービーを見るしかない。これはとても面倒だし、不便な話だが、仕方がない。我慢してほしい。

実際に録画する方法:スクリーンショット.app

まずひとつ目の「スクリーンショット.app」を利用する方法。【Command】+【Shift】+【5】を押せば、すぐにキャプチャを始めることができる。

mac-sound-captcha_10

右2つのアイコンが録画用のアイコン。左が全画面で、右が部分キャプチャ。画面の一部をキャプチャしたいときは右のアイコンを選び、録画範囲を決める。

忘れてはいけないのが「オプション」。ここで必ず「マイク」を「Soundflower(2ch)」に変更しよう。

mac-sound-captcha_11

「収録」を押せば録画が開始される。録画を終了したいときは、メニューバーの停止ボタンを押す。

実際に録画する方法:QuickTime Player

ふたつ目の「QuickTime Player」を利用する方法。「QuickTime Player」を起動したら、メニューの「ファイル」から「新規画面収録」を選ぶ。

mac-sound-captcha_12

録画ボタンを押せば、そのあと「全画面」か「部分画面」かを選べる。

mac-sound-captcha_13

ここでも忘れてはいけないのが「マイクの設定」。収録ボタンの右側にある矢印ボタンを押すと、マイクの設定画面が表示される。ここで「Soundflower(2ch)」を選ぼう。

mac-sound-captcha_14

まとめ

bamka

iPhoneだと「画面キャプチャ×音声」なんて簡単だけれども、Macだとこんなに手間がかかる。まぁこれも今の時点ってだけで、今後は改善されていくんじゃあないかなぁと思うけど。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする