iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Macでネコが走り続ける!CPU稼働率に応じて動物が走る「RunCat」に癒やされる

この記事のURLとタイトルをコピーする
mac-runcat

ネコというのは、なぜああも人の心のなかに、遠慮なくズカズカと入り込んでくるのだろう。勝手に入ってくるくせに、ぜんぜん嫌な気がしない。なんと不思議で、羨ましい生き物なのだろう。

妻の実家にいる黒ネコのジジなど、ひどいものである。

人がなにか作業をしているときにかぎって「撫でろ、撫でろ」を迫っておいて、こちらが暖をとりたく抱きつこうとすれば、腕の間からスルスルと、しなやかに静かにいなくなってしまうのである。

さて。最近になって、ぼくのMacにも一匹のネコが住まうようになった。

ぼくのMacの中身をよくわかっていて、Macが忙しくなればネコもいっしょになって、慌ただしく走るのだ。逆に、Macが暇でのんびりしていれば、ネコもゆるりゆるりとするのである。

あなたも一匹飼ってみてはいかがだろう。Macの「RunCat」というアプリを使えば、誰でも無料でネコをインストールできる。

RunCat

無料
(2019.01.23時点)
posted with ポチレバ

CPU稼働状況に応じて走るMacアプリ「RunCat」

Macアプリ「RunCat」をインストールすると、メニューバーに動物のアイコンが常駐し、ひたむきに走り続けるようになる。

この動物アイコンは、MacのCPU稼働状況に応じて走る速さが変わる。CPUの稼働率が高くなれば、それだけ動物も忙しく走るのだ。

このアプリは基本無料で使える。無料で使える動物は「ネコ・ニャンキャット・オウム」の3種類。

一応実用面を考慮して、CPUの稼働率を表示しておくこともできます。ぼくのMacはわりと安定しているが、頻繁にCUPがぱんぱんになるマシンだと、この表示は地味に重宝しそうだ。

mac-runcat_1

「使える種類が少なくて、ちょっと寂しいな」と思ったあなた、ご安心を。お金さえ払えばほかの動物を飼うことができる。

個人的に好きなのはDog(犬)。見た感じはキツネっぽいところが気に入っている。

しかも、1,200円払えば自分で作ったアイコンを走らせることも可能だ。ぼくはgifでキャラクターを作ることはできないが、いつかMOTHER2のどせいさんを走らせたいと考えている。

mac-runcat_2

以上。実用性は3割ぐらいで、のこりの7割はただただ可愛いからインストールしたアプリなのであった。

このアプリを知るきっかけとなった @takashings(たかしんぐ)さんには感謝感謝であるよ。

RunCat

無料
(2019.01.23時点)
posted with ポチレバ

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする