iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneの待受を動く壁紙にしてテンション上げよう!お気に入りの動画もOK

この記事のURLとタイトルをコピーする

livephoto-wallpaper

iPhoneの壁紙は、多くの人が静止画を設定していることと思います。

しかしiPhoneでは “動く壁紙” を設定可能!これにより「お気に入りの動画の一部を切り取って壁紙にする」なんてことも可能になります。

私も実際、妻と娘を写したお気に入りの動画があり、その一部を切り取って壁紙にしているのです。ちょっとした合間の癒しになるのでオススメです。

iPhoneのLive Photoを壁紙に設定!

3D Touchに対応しているiPhoneであれば、iPhoneの壁紙を “動く壁紙” に変更することができます。設定した場合、壁紙画面でiPhoneの画面を押し込めば、壁紙が動き始めます。

動く壁紙は、iPhoneのカメラの「Live Photo」で撮影したもの。

拾ってきたGIFや動画を壁紙にすることはできませんが、それらをLive Photo形式に変換することはできます。専用のアプリを使えば簡単にできますので、その方法は後述しますね!

Live Photoなら動く壁紙を設定できる

iPhoneのカメラモードの中に、丸ポチマークがありますね。これをオンにしておくとLive Photoモードで撮影できます。

livephoto-wallpaper

Live Photoモードで撮影すると、シャッターを押した瞬間の前後も合わせて保存され、”動く写真” が完成します。

あとは設定の壁紙設定画面から壁紙を選択するときに “動く写真” を選んで、「Live Photo」に設定すれば、動く壁紙として設定できます。

livephoto-wallpaper

 

さて、先ほど話した通り、普通の動画やGIF画像を Live Photo の “動く写真” とすることはできません。しかしiPhoneアプリ「intoLive Pro」を使えば動画やGIF画像を Live Photo 形式に変換できます。

intoLive Pro - 自分だけの動くライブ壁紙、ライブフォト作成

intoLive Pro – 自分だけの動くライブ壁紙、ライブフォト作成

Minkyoung Kim写真/ビデオ, ユーティリティ¥360(掲載時点)詳細・ダウンロード

GIFや動画をLive Photo形式に変換する方法

iPhoneアプリ「intoLive Pro」を使えば、動画やGIFを Live Photo 形式に変換できます。しかも動画だけでなく、バーストによる連続した静止画を合わせて Live Photo にもすることもできます。

livephoto-wallpaper

選択した動画やGIFの中で、Live Photoにする部分を切り取ります。

livephoto-wallpaper

繰り返し階数の設定も可能です。

livephoto-wallpaper

最後に保存して終了。ねっ、簡単でしょ?

livephoto-wallpaper

Live Photoを利用した “動く壁紙” ですが、最初は不要な設定だと思っていました。壁紙が動くからって大したことないと思っていたんです。

でもね。冒頭言った通り、妻と娘の写った動画の一部を切り取って壁紙にしておくと、なんだか元気が出るんですよ。これはホントおすすめ。家族がいる方はぜひやってみてください!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です