iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhone XS Maxの美しいフォルムを最大限に活かすアルミバンパーケース

この記事のURLとタイトルをコピーする

iPhoneはそれだけで美しい。できればそのフォルムのまま手にしていたい。

しかしやはり傷つくのは怖い。落として割れてしまったら嫌だし、机に擦りつけてスリ傷でもできようものなら、テンションはガタ落ちです。特にカメラの部分は隆起しているため、非常に神経を使います。

そこで私が見つけたのが、iPhoneのフォルムを最大限邪魔しないケース。iPhoneの華麗な流線型を活かせるアルミ製のバンパーケースです。

iphone-xs-bumper_1

iPhoneのフォルムを最大限に活かしたい人向けケース

iPhoneのフォルムを活かす。それはつまり、iPhoneを覆い隠すのではなく、重要な部分だけをピンポイントで守ること。

私が買ったアルミバンパーケースも「コーナーガード」と呼ばれるタイプのケースで、要は「iPhoneの四隅をポイントとしてカバーするケース」であり、それ以外の部分は極力露出させるデザインになっています。

iphone-xs-bumper_2iphone-xs-bumper_3

私のはちょっと特徴的なフォルムをしていますが、同じコーナーガードタイプのアルミバンパーで、もっとシンプルなものもあります。気になる人はこちらも検討してみても良いと思います。私もギリギリまで結構悩みました。

それでは写真を添えながら、今回買ったアルミバンパーケースをご紹介しますね。

コーナーガードタイプのアルミバンパーケース

今回購入したのはノーブランドのアルミバンパーケース。Amazonでも楽天市場でも販売している、安価な中国製のバンパーケースです。

iphone-xs-bumper_4

でも最近は中国製だからといって必ずしも品質が悪いものでもなく。意外としっかりしていたりするので、あなどれません。今回のケースも、個人的には満点満足なクオリティでした。

箱の中には組み立てるための説明書と余分のネジとドライバー。あと、おそらく製品の品質テストを実施したときの合格証が入っていました。

iphone-xs-bumper_5

ケースを見てみると、iPhoneに設置する部分には緩衝材が貼ってありますね。アルミ製ですのでiPhoneを擦ってしまえば傷が付きます。緩衝材があれば、iPhoneの背面のガラスが傷つくこともありません。

iphone-xs-bumper_6

本アルミケースは上下左右4つのパーツで構成されており、それらのパーツをネジで繋ぎとめている構造になっています。

iphone-xs-bumper_7

上下のパーツは大きく切り抜かれており、iPhone下部にあるライトニングケーブルの接続部・スピーカーに干渉しないようになっています。

iphone-xs-bumper_8iphone-xs-bumper_9

カメラ部分には少し高さを持たせてあります。これにより、iPhoneの背面で隆起しているカメラが机などに直接接地しないようになっています。非常に優れた配慮ですよね。

iphone-xs-bumper_10

四隅のコーナー部分には穴が空いていますが…

iphone-xs-bumper_11

ここにはクッション材を入れます。これにより、アルミバンパーがiPhoneを傷つけてしまうことを防ぐと共に、落下などの衝撃からiPhoneを守ってくれる役割も果たします。

iphone-xs-bumper_12

実際に装着した姿がこちら。最初に注目して欲しいのは、iPhoneの側面です。このバンパーケースではiPhoneの左右はカバーしておらず、むき出しの状態になります。

iphone-xs-bumper_13iphone-xs-bumper_14

したがって、手に持ったときの感覚は、iPhoneが持つ本来のサイズになります。ケースを装着すると、どうしても厚みが出て嵩張るものですが、このケースはiPhone自身のサイズ感を維持するんです。

次にiPhoneのディスプレイ面について。バンパーケース自体にほんの僅かな厚みがありますので、ディスプレイを下にして机に置いたとしても、画面が接地することはありません。擦り傷などはつかない構造になっています。

iphone-xs-bumper_15

背面も同様で、厚みを持たせてありますので直接接地せず、背面のガラスが傷つくこともありません。

iphone-xs-bumper_16

カメラ部分も同様で、厚みがある分だけ浮きますので、擦れて傷つくことを防いでくれます。

iphone-xs-bumper_17

iPhone下部がガッツリくり抜かれているので、ライトニングケーブルなどに干渉することはありません。

iphone-xs-bumper_18

四隅のコーナークッションが良い働きをしてくれて、落下時の衝撃からiPhoneを守ってくれます。非常に安心できる設計ですね。

iphone-xs-bumper_19

いかがでしょうか。iPhoneの背面や側面が思いっきり露出する形のケースであり、iPhone本来のデザインを損なわず、活かせるデザインのケースになっています。

必要最低限のパーツで、傷や衝撃からiPhoneを守ってくれる。それがこのコーナーガードタイプのアルミバンパーケースです。

分厚くて嵩張るケースや、透明なプラスチックで誤魔化すようなケースに飽き飽きしていた方には、ぜひ試してもらいたい一品です。

ちなみに私は、iPhoneの表面にガラスフィルムを貼っていまが、問題なく装着できました。もしかしたらガラスフィルムの種類に左右されるかもしれませんが、ほとんどの場合は大丈夫かと思います。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする