iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

【iPhone】1時間だけ限定的にWi-Fiをオフにして後で自動的にオンに戻す

この記事のURLとタイトルをコピーする
iphone-wifi-gentei-off

追記:2019/02/09

本記事を最初に書いたときに紹介した「○分間だけ限定的にWi-Fiをオフにして、あとから自動的にオンにするショートカット」レシピだが、自動的にWi-Fiがオンに戻らないことが、そこそこの確率であるみたい。

なので代替として新しいレシピを作成したので、そっちも合わせて載せておく。ご自身の利用シーンにあわせて使い分けてもらえたらうれしい。

この1時間だけWi-Fiをオフにしたい!1時間後には自動的にWi-Fiをオンにしたい!そういうケースはないだろうか。

たとえばこんな経験はないだろうか。

街中で、勝手に「au Wi-Fi」に繋がるのがわずらわしくって、Wi-Fiをオフにした。そのまま家まで帰って、Wi-Fiをオフになっていることを忘れて、そのまま動画を見続けた結果、月のデータ使用量をパンクさせてしまった。

こんな失敗を、ぼくは過去にやったことがある。言うまでもなく、ぼくの気分は激しく落ち込んだものだ。

人は忘れるものだ。うん。忘れてしまうんだから仕方ない。

だから、忘れてしまっても良いように、仕組みを作らなければならない。

iPhoneには「ショートカット」というアプリがある。これを使えば、「AをしたらBをして、CになったらDをする」といったワークフロー(仕組み)を作ることが可能だ。

これを利用して、ぼくが「○分間だけ限定的にWi-Fiをオフにする(○分後にWi-Fiを自動的にオンにする)」レシピを作ったので、今日はこれをみなさんに共有したい。

「○分間限定Wi-Fiオフ」レシピ

まどろっこしい説明はあとまわしにして、まずはレシピを共有しよう。以下のリンクをクリックしてくれれば、あなたのiPhoneにもレシピを取り込むことができる。

上記のレシピでは、Wi-Fiをオフにしておく時間を、毎回じぶんで設定できるようになっている。

ただ、これが面倒くさいという人のために「60分間だけ限定的にWi-Fiをオフにする」レシピも作っておいた。合わせて利用して欲しい。

iPhoneにショートカットアプリがインストールされていないと、このレシピは使えない。まだインストールしていない人は、以下のリンクからインストールしよう。

ショートカット

無料
(2019.01.22時点)
posted with ポチレバ

ホーム画面に設置すると便利

このレシピは、ひとつのアプリのように使うことができる。毎回「ショートカットアプリ」を開かなくとも、iPhoneのホーム画面に置いたレシピアイコンをタップするだけで使えるのだ。

レシピをインストールしたら、レシピの詳細画面の右上にある共有アイコンをタップし、「ホーム画面に追加」を選択する。

iphone-wifi-gentei-off_3

自動的にSafariが起動し、ホーム画面への設置方法が表示されるので、指示にしたがって進めよう。すると、レシピを使うためのレシピアイコンが、iPhoneのホーム画面に追加される。

iphone-wifi-gentei-off_4

レシピの使い方

レシピの使い方だが、むずかしいことはなにもない。

レシピアイコンをタップするとショートカットが自動的に起動。この時点でWi-Fiはオフになる。数値の入力を求められるので、Wi-Fiをオフにしておきたい時間を入力する。

iphone-wifi-gentei-off_5

ここでひとつ注意。時間は「秒数」で入力してほしい。1時間オフにしたい場合は「3600」と入力する必要がある。

数値を入力したら「完了」を押す。これで終了で、もうショートカットアプリを閉じてくれて構わない。設定した時間がきたら、自動的にWi-Fiがオンになる

2019/02/09追記:この「待機」のアクションだが、アプリを閉じて、そのまま継続して機能する場合と、機能しない場合があるようだ。機能が止まってしまうと、Wi-Fiがオフのままになってしまい、自動的にオンに戻らない。不完全な形のレシピで、申し訳ない。代替レシピを本記事の最後に掲載したので、あわせて確認してもらえたらうれしい。

iphone-wifi-gentei-off_6

レシピの中身

iphone-wifi-gentei-off_7

さいごに、簡単ではあるが、レシピの詳細を紹介しよう。

「ショートカット」というアプリでは、連続する動作をつなげることで「仕組み」を作るアプリだ。トリガーとなるアクションを繋いでいくことで、自分の好きなワークフローを作れるのだ。

今回の件だと、

1レシピを起動したら、その瞬間にWi-Fiをオフにする。

2次に、数値の入力を求める(数値をあらかじめ決めておくことも可能)。

3数値を次のアクションに渡す。

4設定した数値の秒数だけ、待機する。

5待機が終わったら、Wi-Fiをオンにする。

このような流れになるようにアクションをつなげた。コツを掴んでしまえば、だれでも簡単にレシピを作ることができる。ぜひ自分でもいろいろ試してみよう。

追記分:○分後にリマインドする

上述したとおり「待機」のアクションがバックグラウンドで継続しない場合がある。なので、「自動的にオンに戻す」というのは、なかなか現実的に実現がむずかしいようだ。

そこで代わりとして「○分後にWi-Fiがオフであることを、リマインダーで知らせてくれる」ようなレシピをつくった。

自動的にオンに戻ることはなく、自分でオンに戻さなくてはならないが、当初の悩みである「オフのまま気づかずに過ごしてしまう」といったリスクは回避できるだろうと思う。

以下のレシピから利用できるので、ぜひ活用してみてもらいたい。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする