iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneの日本語入力を10倍快適にする片手キーボードを使う3つの方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

iphone-katate-keyboard

iPhone 7 Plus みたいなタイプとか、iPhone Xとか、iPhoneの画面ってどんどん大きくなりますね。

写真とか動画が楽しいのは良いんだけど、日本語入力が大変なんですよね。画面が広いから片手で操作しづらくって。

bamka

それなら「片手キーボードモード」を活用したら良いよ。キーボードを右側か左側、どっちかに寄せられるから、片手でのフリック操作がやりやすくなるよ。

片手キーボードなら大きいiPhoneでも快適

iPhoneでの日本語入力が難しいと感じる方は、ぜひともiPhoneの片手キーボードモードを活用してみてください。これを使えば以下のように、キーボードを片側に寄せることができます。

iphone-katate-keyboard_12

こうすることで親指をキーボードの端っこまで届かせることができるので、片手でのキーボード操作が楽になります。

それでも片手での操作に不安がある人は、iPhoneの背面につけるタイプのサポートツールも合わせて活用すると良いでしょう。私もiPhoneの背面にはリング型の補助ツールを付けています。

では、片手キーボードモードを利用する方法を3つほどご紹介します。

デフォルトのキーボード

まずはiPhoneのデフォルトのキーボードで片手キーボードを利用する方法をご紹介します。

普通の日本語入力キーボードは以下のように画面横幅いっぱいに表示されますよね。このときに、地球儀マークを長押しします。

iphone-katate-keyboard_2

すると片手キーボード設定用のアイコンが表示されます。

iphone-katate-keyboard_3

アイコンをタップすれば、選んだ方向にキーボードが寄ります。

iphone-katate-keyboard_4

キーボードの幅の細かい設定はできないため、使い勝手はまぁまぁといったところ。

しかしワンタップで全画面キーボードに戻せる点は良いですね。両手で打ちたいと思ったときに、すぎにキーボードを戻すことができます。

iPhone版Google日本語入力「Gboard」

2つ目の方法として、Googleが提供しているiPhone版キーボード「Gboard」を利用する方法があります。

Gboard

Gboard

Google, Inc.ユーティリティ無料(掲載時点)詳細・ダウンロード

Googleが提供しているだけあって、その特徴も画期的。キーボードの中からGoogle検索ができ、その検索結果の画像やYoutubeをメッセージで送ることができます。

iphone-katate-keyboard_5

その他、キーボードの背景をカスタマイズできたり、手書きのメモを送信できたりと、デフォルトのキーボードにはない機能が盛り沢山。

そしてこの「Gboard」には片手キーボードモードも備わっています。

切り替え方はデフォルトのキーボードと同じ。地球儀マークを長押しして、出てきたメニューの「片手モード」を選択します。

iphone-katate-keyboard_6

これでキーボードが片側に寄ります。

iphone-katate-keyboard_7

このキーボードも、大きさを自由に設定できるわけではないので、人によっては片手モードといえども「使いにくい・親指が届かない」と感じるかもしれません。

そこで私がおすすめするのが、「片手キーボードPRO」です。

iPhone用の最強キーボード「片手キーボードPRO」

私がずっと愛用し続けているキーボードが、こちらの「片手キーボードPRO」。有料アプリですが、一度使ったら絶対に手放せなくなるほど、使い心地が最高のキーボードです。

片手キーボードPRO

片手キーボードPRO

TAKAFUMI YAMAMOTOユーティリティ¥480(掲載時点)詳細・ダウンロード

「3D Touchに対応」「カーソル位置の移動ボタン」「キーボードの背景カスタマイズ」「クリック音のカスタマイズ」などなど、機能を取り上げたらキリがないほど高機能。これひとつあれば基本的にどんなニーズにも答えられます。

iphone-katate-keyboard_10

そして一番の特徴は、なんといっても「オーダーメイドの靴のように」一人ひとりにピッタリのキーボードを作れるってところです。

このキーボードは、自分でキーボードの大きさを設定することができます。片手キーボードにしたときに、その位置や大きさを自在に変形扠せられます。

iphone-katate-keyboard_8

手の小さな女性だって、右下の隅っこの方に小さくまとめることができれば、大きなiPhoneでも片手操作ができるでしょう。これは極端な例ですけどね。

iphone-katate-keyboard_9

iPhoneの背面に落下防止用のリングを付けているなら、なおさらキーボードの配置にはこだわりたいはず。このキーボードひとつあれば、LINEやメールが捗ること間違いなしです。

その他の便利な機能については、以下のブログが非常に読みやすいので、合わせて読んでみることをおすすめします。


片手モードを利用すれば、大きなiPhoneでも片手で文字入力ができます。ただ、デフォルトのキーボードだと限界があるので、個人的にはやっぱり「片手キーボードPRO」をイチオシしたいですね。

有料ですけど、ぜひ一度トライしてみてほしいです。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です