iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

【iPhoneで】充電しながらイヤホンを使う4つの方法と推奨アイテム【よくある悩み】

この記事のURLとタイトルをコピーする

最近のiPhoneゲームは非常に高画質で驚かされますね。そんなゲームをやっていると充電がすぐになくなってしまうのが悩みのタネのひとつだったりします。

最近のiPhoneはイヤホンジャックが廃止され、ライトニングケーブルを一本しか挿せなくなりました。その結果充電をしながらイヤホンを使うことができなくなってしまったのです。

PUBG mobileなどは遊ぶのにイヤホンが必須であるため、充電しながらゲームができないのは非常にツラい。不便で仕方ないのです。

そこで今回は、iPhoneを充電しながらイヤホンを利用する方法と、そこで必要な道具を4パターンご紹介します。

iPhoneを充電しながらイヤホンを利用する方法は、以下の4パターンとなります。

  • ライトニングケーブル + ライトニングケーブル
  • ライトニングケーブル + イヤホンジャック
  • Bluetoothイヤホンを利用する
  • イヤホンをBluetooth対応に変換する

ライトニングケーブル + ライトニングケーブル

iPhoneのライトニングケーブルの差し口を2つに増やす方法です。

道具は以下のようなケーブルを利用します。iPhoneを購入したときに付属してきた、ライトニングケーブル系のイヤホンを愛用している人にとって重宝するものです。

上記の商品はちょっと値段が張りますが、品質に安心感があります。

Appleが認定する「MFi認証」の製品ですので「買ってみたら充電できなくなった」ということがありません。最大12Wのパススルー充電により、充電速度も満足。最大48 kHz、24ビットのオーディオ出力ですので、音質にも妥協がありません。

メーカーの2年保証も付いていますので「安物買いの銭失い」になるぐらいなら、少し高くても良い品質のものを選んだほうが良いと僕は思います。

ちなみに安価品だと以下のようなものもあります。

ライトニングケーブル + イヤホンジャック

ライトニングケーブルとイヤホンジャック、2つの差し口に分岐させてくれる変換ケーブルを利用する方法です。

道具は以下のようなケーブルを利用します。先ほどと違って、一般的なイヤホンケーブルが挿せるので、愛用しているイヤホン・ヘッドホンをそのまま利用できるのが強みです。

こちらもちょっと値が張りますが、先ほど同様に、品質に安心感があります。

Apple認定の「MFi認証」製品であることはもちろん、最大2.4Aの急速充電にも対応。TPEと呼ばれる構造により、柔軟性にも優れており、高耐久なのも嬉しいポイント。

こちらもメーカーの2年保証が付いていますので、万が一の事態が起きても安心です。

このタイプも以下のような安価タイプが数多く販売されていますが、「安物買いの銭失い」にはご注意ください。

Bluetoothイヤホンを利用する

次の方法は、有線のイヤホンを使わず、Bluetoothによるワイヤレスなイヤホンを利用する方法です。これであればiPhoneを充電しながらも音楽を楽しむことができます。

個人的におすすめしたいのが、片耳で使うタイプのモノラルBluetoothイヤホン。生活の中に自然と溶け込めるほど利便性が高く、私はこれなしでは外出できないほどに愛用しています。

ただ、日常生活には超が付くほど便利なのですが、ゲームや音楽を純粋に楽しむには、やっぱりモノラルだと力不足両耳で使えるBluetoothイヤホンをオススメします。

両耳対応のBluetoothイヤホンなら、互いに独立したタイプではなく、コードで一体化しているタイプがおすすめです。例えば以下のイヤホンなどは、Amazonでもベストセラーに居座り続けるほどの人気商品です。

コスパで考えたら、とりあえずこれを買っておけば間違いないでしょう。

接続の安定性も高く、ぶつりぶつりと音が途切れることがありません。音質も悪くありませんし、防水にも対応しているので雨の日の利用も可能です。

嬉しいのはバッテリーの持ちの長さ。一度の充電で稼働できる時間が長く、8時間の連続再生が可能。「頻繁に充電するのが面倒くさくて、結局使わなくなっちゃった」という失敗がありません。

あと、耳に入れていないときも肩から掛けていられるので、使っていないときも邪魔になりません。紛失の心配もないので便利です。

たとえば以下のような独立型の両耳対応Bluetoothイヤホンもありますが、独立しているからこそ紛失しやすく、左右それぞれのイヤホンを充電しなければいけない手間もあります。耳への違和感も結構大きいので、僕はあんまり好きになれませんでした。

イヤホンをBluetooth対応に変換する

最後は、普通の有線のイヤホン・ヘッドホンをBluetooth対応に変換して利用する方法です。

道具は以下のようなものを利用します。

これは、Bluetooth対応の「オーディオレシーバー」となっており、このレシーバーがiPhoneとBluetoothで繋がります。

レシーバーにイヤホンを挿すことで、レシーバーを介して、イヤホンとiPhoneをBluetoothでつなぎ合わせてくれるという代物。

イヤホンやヘッドホンにこだわっている人にとっては、愛用してる有線のイヤホンを簡単にBluetooth化できるので、使い勝手が良いでしょう。

上記の商品なら小型で、しかもクリップが付いていますので、外出先でも邪魔になりません。「充電しながら音楽を聴きたい」という今回のテーマを抜きにしても、日常生活が便利になるアイテムです。

執筆後記

個人的には、iPhoneのイヤホンジャックが復活してくれることを切に望みますが、これからどうなっていくでしょうね。

ちなみに上記でも少し触れましたが、日常生活でiPhoneの音を拾うなら、片耳対応のBluetoothイヤホンが最強だと思っています!これはまた別の機会に記事にしようかなと。

それでは今日はこのあたりで。PUBG mobileで絶賛ドン勝中ですので、よかったら一緒にやりましょー!

PUBG MOBILE

PUBG MOBILE

PUBG CORPORATIONゲーム, アクション無料(掲載時点)詳細・ダウンロード
この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です