iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

1枚の写真を2枚のレイヤーに切り分けて加工できるiPhoneアプリ

この記事のURLとタイトルをコピーする

写真には2つの種類があると思う。1つは芸術的な魅せる写真。人に感動を与えたり、共感を得たりできる、人の心に訴える写真。

そしてもう1つは、視覚的に見せる写真。相手に状況を分かりやすく説明するために必要とする、理解補完的な役割を担う写真です。

今回ご紹介するアプリは、私にとっては後者で役に立つアプリかと思っています。あなたにとっては、どんな位置づけになり得るアプリでしょうか。

いずれにせよ、できることは面白い。作り手の発想力で多くの使い方を見いだせそうな、そんな面白いアプリです。

1枚の写真を2枚のレイヤーに「layrs」

今回お話ししたかったのは「layrs」という無料アプリ。写真を加工するアプリですが、今までのアプリとはちょっと違う。

1枚の写真を2枚のレイヤーに分け、それぞれのレイヤーを加工できるアプリです。

layrs layrs
価格: 無料
カテゴリ: 写真/ビデオ
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


どういうことか。以下の図が、このアプリを最も端的に表現していると思われます。

1枚の写真を2枚のレイヤーに切り分けて加工できるiPhoneアプリ

写真の中に、何か対象物があります。その対象物と背景を切り分け、それぞれをレイヤーとして認識させます。そして、それぞれのレイヤーに対して加工を施す。

これがこのアプリ「layrs」でできること。

このアプリを使えば、例えばこんな感じで、ある対象物に焦点を当てた加工ができます。私が「視覚的に見せる写真にするのに役立つ」と言っている理由も、わかって頂けるでしょう。

IPhoneアプリ layrs のご紹介3 IPhoneアプリ layrs のご紹介4

最近のなかで一番いい買い物ができました。竹製の腕時計です。
今まで着けていた腕時計にどこか違和感を感じはじめ、「極限まで軽い腕時計」を探し始めたのがきっかけでした。

竹でできた時計は、信じられないほどの軽さで、綿あめを持つぐらいの感覚。自然のもつぬくもりや暖かさも相まって、腕に着けていることを忘れるほどの自然さです。

金属製の時計が苦手・重いものを身に着けたくないって方にオススメしたい逸品です!

アプリの使い方

アプリの使い方は非常に簡単です。①加工する写真を選び、②対象物と背景を切り分け、③対象物・背景のそれぞれに加工を施す。

IPhoneアプリ layrs のご紹介2

対象物と背景の切り分けは、ちょっと個性的。今までにない操作感です。

指で画面をなぞると、オレンジ色の範囲が広がっていきます。この、オレンジ色の部分が対象物の範囲。なぞればなぞるほど、対象物と背景のコントラスト差を判別して、オレンジ色が広がります。

IPhoneアプリ layrs のご紹介6

オレンジ色の範囲が広がり過ぎたら、その余剰分をちょっとずつ修正していきます。

IPhoneアプリ layrs のご紹介7

最初に、背景部分の加工をします。加工の種類はいろいろで、フィルター効果もあれば、ボカシ機能・白黒もある。コントラストや明るさの調節も可能です。

IPhoneアプリ layrs のご紹介8

加工の度合いは、アイコンを上下させることで強弱を付けられます。

IPhoneアプリ layrs のご紹介10

その次に対象物の加工を行います。こちらの加工も背景と同じように加工処理をします。

IPhoneアプリ layrs のご紹介9

最後には、画像を保存するだけでなく、各ウェブサービスへのシェアも可能です。

IPhoneアプリ layrs のご紹介11

あとがき

対象物と背景を手軽に切り分けられ、それぞれに加工を付けられる。背景を白黒にして対象物を浮き上がらせるのも簡単です。

1つ持っていると便利に使えそうです。無料ですので、とりあえず入れておくのもありですね。

それでは、今日はこのあたりで。

layrs layrs
価格: 無料
カテゴリ: 写真/ビデオ
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする