iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

子どもがiPhoneアプリを間違っても消せないように設定する方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

Iphone app miss delete

これは、子どもを持つ家庭では必須の設定です。子どもにiPhoneを触られて、誤って大切なアプリを消されないように、今すぐ設定を変更しましょう。

1歳を超えれば大人の持ち物にも興味を持ち出し、1歳半を超えれば意思を持って大人の道具を使いたがります。

知らない間に大切なiPhoneをいじられる可能性もあります。大事にしていたアプリを消されてしまう可能性だって、無くはないのです。

この設定をしておけば、簡単にはiPhoneアプリを削除できなくなります。

iPhoneアプリを簡単に削除できなくする設定

通常、iPhoneアプリを削除するには、アプリアイコンを長押しして、出てくる「×」ボタンをタップしますね。

しかしこの設定をしておくと、この「×」ボタンが表示されなくなります。こうすることで、間違ってもアプリを削除されることがなくなります。

Iphone app miss delete 1

設定方法について

iPhoneには、各機能に対して「機能制限」を設けることができます。

1まず設定アプリを開き、「一般 > 機能制限」と進みます。

Iphone app miss delete 2

2「機能制限を設定」をタップし、好きなパスワードを新しく設定します。ここで設定したパスワードは今後、「機能制限の設定」の変更のときに使いますので、必ずおぼえておくようにしてください。

Iphone app miss delete 3

3項目の中にある「Appの削除」をオフにします。

Iphone app miss delete 4

設定はこれで完了です。以降、アプリアイコンを長押ししても、アプリを削除するための「×」ボタンが出てくることはありません。

機能制限している中でアプリを削除したい場合

じゃあ機能制限をしたら、使用者本人もアプリを消せないのか?いちいち機能制限を解除してアプリを消さなければならないのか?

答えは「はい」です。

以前までは、機能制限下でも削除する方法があったのですが、今日(2017/02/11)現在最新となっているiOSでは、その機能がなくなってしまったようです。

もしかしたら機能が復活するかもしれませんが、今の時点では難しい。なのでアプリを削除したい場合は、一度機能制限の「Appを削除」を解除する必要があります。

ちなみに以前までであれば、設定アプリで「一般 > ストレージとiCloudの仕様状況 > ストレージを管理」と進んでいき、該当するアプリを削除することができました。

Iphone app miss delete 5

面倒になるけど設定は必須かと

確かにアプリの削除が手間になってしまいます。ですが大切なアプリが消えてからでは遅いので、ぜひ設定しておくことをオススメしますよ。少なくとも、子どもが大きくなるまでは。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です