iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneでの動画撮影のクオリティを一瞬で2倍に向上させる簡単な設定

この記事のURLとタイトルをコピーする

iPhone 6 Plus での動画撮影が楽しくて仕方ありません。

そこそこ良い画質でサクッと撮れて、加えてバッテリーの持ちが良い。これによって、iPhone 5 の時とは比べ物にならないほど活躍しています。

さて、せっかく動画を撮影するなら、少しでも良い画質で撮りたいものですよね。

iPhoneの場合、設定一つで簡単にクオリティを上げることができます。「デフォルトでそういう設定をしてくれていれば良いのに」とさえ思います。

今日はそんな、iPhoneの動画撮影に関する設定の話。

IPhoneでの動画撮影のクオリティを一瞬で2倍に向上させる簡単な設定

iPhoneの動画撮影のクオリティを上げる方法

iPhoneで動画を撮影するとき、画面には表示されません。見慣れた画面であって、撮影のためのボタンがあるだけかと思います。

IPhoneでの動画撮影のクオリティを一瞬で2倍に向上させる簡単な設定 1

では、設定画面である設定をすると、画面に「60FPS」というマークが付きます。これが、高画質撮影になっているサイン。

IPhoneでの動画撮影のクオリティを一瞬で2倍に向上させる簡単な設定 2

設定はカンタン!

設定画面を開いて、その中の「写真とカメラ」を選択。次に「60 fpsでビデオを撮影」をオンにすれば、設定は完了です。

IPhoneでの動画撮影のクオリティを一瞬で2倍に向上させる簡単な設定 3 IPhoneでの動画撮影のクオリティを一瞬で2倍に向上させる簡単な設定 4

こうするだけで、動画のクオリティが劇的に向上します。

fpsってなに?

ここで出てくる「fps」という単位は何でしょうか。以下の説明が非常に分かりやすくまとまっています。

60fpsとは、60 frames per secondの略である。

fpsとはフレームレート、すなわち単位時間あたりのフレーム数を示す単位である。

つまり簡単に言えば、1秒間の動画に60枚の静止画が使われていますよ、という意味。

60fpsの動画は、他の多くの動画に比べて映像がぬるぬる動くと思っておけばいい。

通常の動画の多くは30fpsもしくは29.97fpsであったり、容量節約のためにそれ以下のフレームレートにされていることが多い。対して、60fpsもしくは59.94fpsの動画は、1秒間あたり2倍の静止画の枚数で動画が構成されているため、通常の動画よりも滑らかに動いて見える

via: 60fpsとは (ロクジュウエフピーエスとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

fpsの話を理解するのに、以下の動画がわかりやすいのでオススメ。

 

また、30fpsと60fpsの違いを理解するのには、以下の動画が参考になります。

 

基本的には、静止画の枚数が倍量になるので、画質が劇的に良くなるわけではありません(……と理解していますが、間違っていたらご指摘ください)。

でも、ぬるぬる動く動画って、見ていて気持ちいいです。ちょっと容量は大きくなりますが、iPhone 6は容量いっぱいありますから!ぜひ設定しておきましょう。

それでは、今日はこの辺りで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です