iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneを買うならカメラの性能が最高のものを選ぶのが至高だと思う理由

この記事のURLとタイトルをコピーする
iphone-11-camera

iPhoneに新しいラインナップ「iPhone 11 Pro」「iPhone 11」が追加されましたね。これで公式サイトに並んだラインナップは「iPhone XR」と「iPhone 8」と合わせて4つになりました。

それぞれのiPhoneを見比べてみると、細かくはいろんな違いがありますが、大きな注目ポイントはおそらく「カメラ」でしょう。

iPhoneを選ぶ上でよくある悩みが「高いお金を払ってでも良いカメラのモデルにするか」「それともちょっとリーズナブルで性能の落ちるものにするか」という2択です。

「いうてもケータイのカメラ。本格的にカメラを楽しみたいならデジカメ(一眼)を選ぶべきだし、iPhoneのカメラにそこまでの性能を求めなくても良いのでは?」と、多くの人が考えると思います。

ただ、ぼくの個人的な考えと実体験としては、カメラはなるべく良いものをチョイスするのをオススメしたい!その方が、長い目で見て楽しいiPhoneライフが送れる思いますので。

【iPhone 11 Pro Max / iPhone 11 Pro / iPhone 11】の比較

iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Pro

iPhone 11

容量と価格(税抜)

64GB:119,800円

256GB:135,800円

512GB:157,800円

64GB:106,800円

256GB:122,800円

512GB:144,800円

64GB:74,800円

128GB:79,800円

256GB:90,800円

ディスプレイ

6.5インチ

Super Retina XDR

2,688×1,242

5.8インチ

Super Retina XDR

2,436×1,125

6.1インチ

Liquid Retina HD

1,792×828

CPU

A13 Bioticチップ

サイズ

158.0

×77.8

×8.1mm

144.0

×71.4

×8.1mm

150.9

×75.7

×8.3mm

重量

226g

188g

194g

カメラ

トリプル12MP

超広角:f/2.4

広角:f/1.8

望遠:f/2.0

次世代スマートHDR

ポートレートモード

ナイトモード

デュアル12MP

超広角:f/2.4

広角:f/1.8

次世代スマートHDR

ポートレートモード

ナイトモード

ズーム

2倍光学ズームイン

2倍光学ズームアウト

10倍デジタルズーム

2倍光学ズームアウト

10倍デジタルズーム

ビデオ

4K(24,30,60fps)

ビデオの光学式手ぶれ補正(広角、望遠)

フロントカメラ

12MP f/2.2

True Depth

防水防塵

IP68

(水深4mで30分)

IP68

(水深2mで30分)

ワイヤレス充電

対応

※充電器は付属せず

Apple Pay(電子マネー)

対応

オーディオ

空間オーディオ再生

Dolby Atmos対応

認証

Face ID

バッテリー

ビデオ再生:最大18時間

ビデオ再生:最大17時間

カラー

ミッドナイトグリーン

シルバー

スペースグレイ

ゴールド

パープル

イエロー

グリーン

ブラック

ホワイト

PRODUCT RED

発売日

2019/9/20

最近のなかで一番いい買い物ができました。竹製の腕時計です。
今まで着けていた腕時計にどこか違和感を感じはじめ、「極限まで軽い腕時計」を探し始めたのがきっかけでした。

竹でできた時計は、信じられないほどの軽さで、綿あめを持つぐらいの感覚。自然のもつぬくもりや暖かさも相まって、腕に着けていることを忘れるほどの自然さです。

金属製の時計が苦手・重いものを身に着けたくないって方にオススメしたい逸品です!

iPhoneはそんなに頻繁に変えるものではない

iphone-11-camera_1

最近のiPhoneは高額です。今回リリースされた「iPhone 11 Pro」は、最小容量の64GBでも10万円強。「iPhone 11」でも64GBで7.5万円もします。

auやソフトバンクなどでは、キャンペーンによる分割支払いを通すことで、多少は目くらましになっていますが、冷静に考えるとこんなに高額な家電製品は他にあまりありません。

こんな高価なもの、普通は数年間使い続けます

僕は職業柄、おおよそ2年に1回は変えるようにしていますが、これはかなりイレギュラー。

私の妻なんかは「iPhone 6」を使い続けてもう4〜5年ぐらいになりますが、これが一般的な使用スパンでしょう。

なのでiPhoneを買うなら、その時点での最新モデルを買い、それを長く使い続けるのが良いと思っています。

カメラのクオリティは毎年必ず上がる

「型落ちのiPhoneをリーズナブルな価格で買う」って手もありますが、個人的にはやっぱり最新モデルを買うのが良いと思っています。

iPhoneは新しくなるごとに、概ね「CPU(処理速度)」「ディスプレイ」「カメラ」の3つの機能が刷新されます。しかも成長の伸び率が非常に高い。技術の進歩というのは素晴らしいものです。

型落ちのiPhoneを買うということは、その時点で1つ2つ前の性能のカメラを手に入れることになります。

数年間にわたって使い続けるものなのであれば、一時の安さに目を奪われて後の我慢を買うぐらいなら、いっそ最新モデルを買ったほうが、おそらくトータルでは得をすると思います。

特に今回の「iPhone 11 シリーズ」では、初めて広角レンズが採用されました。これにより、より広い画角で撮ることができるようになり、表現の幅が広がります。

デジカメとは使う “機会” の数が違う

iphone-11-camera_2

「ゆーてもケータイのカメラだし、本当に “綺麗な写真” を撮りたいと思ったらデジカメ使うんだから、iPhoneのカメラなんて大事じゃないんだよ」

そう思う気持ちもわかりますし、私もそう思っていた時期がありました。

しかし今では全く逆の考えに。

つまり、肌身はなさず常に持ち歩くiPhoneだからこそ、カメラは最高のクオリティであるべきだと考えています。

一般人が写真を撮るにあたって最も重要なことは、最高の一枚を撮れるスキルではありません。そんなものよりも、数多くのシャッターを切ることのほうが100倍大切です。

私みたいな素人が100回シャッターを切っても、自分が心から「これは良い写真だ」なんて思えるものは、5枚あるかないかです。

そんな私が、10枚の “良い写真” を撮るために必要なことはなんでしょう?

それは、「100回のシャッター」のうち、良い写真が撮れる確率を5枚から10枚に上げる努力ではありません。それよりも、200回のシャッターを切ることのほうが断然に簡単です。

しかも写真は不思議なもので、「奇跡的な一枚」ってのが、割と頻繁の起こります。矛盾した表現ですけどね。

でも数多くシャッターを切れば、それだけで「奇跡的な一枚」に出会える確率が上がるのです。

良いデジカメを買ったって、結局「重い」やら「面倒くさい」やらと、最終的には持ち歩かなくていい理由を自分で探し始めるんです。少なくとも私はそうでした。

だからこそ、シャッターを切る回数が断然に多いiPhoneこそ、最高のカメラであるべきだと思うのです。

これは「作品」としての写真を撮るときもそうですが、「思い出」としての写真を撮るためにも大切な考え方です。

正直、めっちゃ欲しい

私が持っているiPhoneは、去年リリースされた「iPhone XS Max」。まだ一年弱しか経っていないので、さすがに買い換えるわけにはいきません。

でも——でもメッチャ欲しい。今回のカメラの広角レンズは本当に魅力的で、買いたい気持ちでいっぱいです。まぁ、カメラのフォルムはアレですけどね。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする