iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPadに手書きも捨てたもんじゃない!鉛筆風なスタイラス「53 Pencil」が超楽しい日々

この記事のURLとタイトルをコピーする

先日、私の大好きなブログのひとつである「norirow’s Diary – ノリロウ戦記 –」のノリロウ(@norirow)さんが、以下のような記事をアップされていました。要約すれば「iPad × Su-Pen って最強ね!」って話です。

私自身も、概ね同じ感想なのです。やっぱり iPad の出番が増えてきて、そこに手書きのメモをする機会が増えてるんです。

文房具も好きだし、カバンの中にはいつもノートとペンが入っています。万年筆も入っています。でも、ちょっとずつ出番が減っていることも事実なんですよね。

特に、最近は新しいスタイラスペンを買ってしまいましてね。購入した「Pencil by 53」っていうスタイラスペンが非常に使い勝手がよくて、iPad での物書きが楽しいと思えているっていうのも、文房具の出番が減った理由のひとつです。

仕事でのメモとか、何かアイデア出ししたいときのラクガキとか。私のプロフィールページにも掲載した偏愛マップも iPad で手書きで書いたイラストですし、今のプロフィールアイコンに使っているイラストもそうです。

身の回りのいろんなことが「iPad × スタイラスペン (Pencil by 53)」に置き換わってきている現状。文房具を捨てたわけじゃないけど、iPad には iPad の良さがあるんだーって再認識させられています。

それを再認識できたのは、上述した「Pencil by 53」ってスタイラスペンのおかげかな。今まで無機質に感じていたスタイラスペンが、このペンのおかげで「使っていたい文房具」に感じられたのは、結構大きい心境の変化です。

Pencil by FiftyThree

「Pencil by 53」は、そもそもは「Paper by 53」っていう iPad 専用アプリのために開発されたスタイラスペンなんです。

Paper by FiftyThree

Paper by FiftyThree

FiftyThree, Inc.仕事効率化, エンターテインメント無料(掲載時点)詳細・ダウンロード

このアプリが本当に楽しくてね。iPad には数多くの手書きアプリやお絵かきアプリがありますが、このアプリほど「使いたい!描きたい!」と思わせてくれるアプリはありません。

このアプリとスタイラスペン「Pencil by 53」を組み合わせると、普通のスタイラスペンでは使えない機能が使えるようになって、絵を描く楽しさが助長されるってものなんです。

もうね。この 2 つだけ持って公園いって、時間も忘れてただただ書きなぐっていたい。

ただ、その特殊機能を差し引いても、スタイラスペンとしての完成度が高いのが「Pencil by FiftyThree」です。

まず、デザインが大好き。アルミとウォールナッツ (木材) の 2 タイプあるんですが、どちらもカッコよくも優しいデザインをしています。手に馴染む感じは、さながら鉛筆を持っている時のよう。

ちなみに私は黒のアルミ素材の方を使っています。ちょっと安いからね。

IPadに手書きも捨てたもんじゃない 鉛筆風なスタイラス 53 Pencil が超楽しい日々 2

ペン先は、割りと柔らかい樹脂素材です。硬い筆感が好きな人は、ちょっと合わないかもしれませんね。

IPadに手書きも捨てたもんじゃない 鉛筆風なスタイラス 53 Pencil が超楽しい日々 3

iPad の画面に押し付けると、これぐらいは沈みます。

IPadに手書きも捨てたもんじゃない 鉛筆風なスタイラス 53 Pencil が超楽しい日々 4

ペンの後ろにも、やわらかい素材の部分があります。実はこれ、アプリ「Paper by 53」の中では消しゴムの役割を果たします。新しいでしょー。ペン先とペン尻が別々の役割を果たせるって、リアルな文房具みたいです。

IPadに手書きも捨てたもんじゃない 鉛筆風なスタイラス 53 Pencil が超楽しい日々 5

ペン先を引き抜くと、USB 端子が出てきます。このスタイラスペンは、Bluetooth が内蔵されています。これのおかげで、iPad への反応も良いですし、アプリによっては「パームレスト機能」を使うことができます。

「パームレスト機能」とは、iPad の画面上に手首を置いても反応せず、使用しているスタイラスペンの先端のみが認識される機能。これのおかげで、iPad をノートのように使うことができます。

IPadに手書きも捨てたもんじゃない 鉛筆風なスタイラス 53 Pencil が超楽しい日々 6

また、ペン先の樹脂部分は取り外し可能。ペン先の感度が悪くなったり擦れてダメになったとしても、ペン先だけを買い直すことができます。

IPadに手書きも捨てたもんじゃない 鉛筆風なスタイラス 53 Pencil が超楽しい日々 7

電子機器が内蔵されているスタイラスペンってことで、いわゆる普通のスタイラスペンよりは高いです。結構いいお値段します。でも、やっぱり自分の身の回りにはお気に入りだけを置いておきたいし、道具は「使いたい」と思えるかどうかが大事ですから。


iPad が紙の代わりになるわけではありません。紙に書く楽しさっていうのを今でもやっぱり感じますし、それは今後もなくならないと思います。

でも、紙にできない表現が iPad なら手軽にできるっていうのも事実。どっちが良い悪いの話ではなく、一長一短ってことなんだと。

その中で、今は私の中で「iPad で物を描くってたのしー!!!」と熱を持っているところ。特に今回ご紹介した「Paper by 53」と「Pencil by 53」の組合せは、最強だと思えるほど楽しいです。

あんまり話題にも上らなくなってきてしまった iPad ですが、私は今でも現役です。というが、軽い外出は iPad だけを携えて散歩に出ちゃうぐらいですからね。これからの進化が、まだまだ楽しみなデバイスです。

あとがき

という感じの、なんともとりとめのない話になってしまいました。すみません。

最後にもしこの記事で言いたかった事をまとめるとしたら、「iPad もまだまだ捨てたもんじゃねーぜ!」って事と、「その中でも Paper と Pencil はホントおすすめ!機会があったら試してみてちょ!」ということです。

それでは、今日はこのあたりで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です