iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iOS 9の広告ブロックには専用アプリが必要!私の勘違いと設定方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

iOS 9の目玉機能として「Safariで広告ブロック機能(コンテンツブロック機能)が実装される」という話がありました。

かなり楽しみにしていたのですが、いざiOS 9にしてみたところ、そんな設定項目は増えていないんです。

おかしいなぁと思って調べてみたところ、どうも私は盛大な勘違いをしていたようです。

Ios9 adblock 1

広告ブロック系の拡張機能の開発が可能になった!という真実

ウェブサイト内に表示される各種広告を非表示にしてくれる「広告ブロック(コンテンツブロック)機能」。iOS 9から実装された機能なのですが、設定アプリを開いてもそれらしい項目が見当たりません。

それもそのはず。

確かにiOS 9から広告ブロック(コンテンツブロック)機能が実装されたのですが、Appleが提供しているわけではないんです。

今回から「拡張機能(Safari Extensions)の開発が可能になった」というのが真実。従って、広告ブロック機能を使いたければ、広告ブロック機能を搭載したアプリを別途インストールして、その設定をオンにする必要があります。

広告ブロック機能の仕様はアプリのよって様々。アプリのよっては「ホワイトリストの作成」「トラッキング拒否」「コメントフォームの非表示」「外部フォントのブロック」など豊富な機能を揃えています。

広告ブロックができるアプリ

現在リリースされている広告ブロック(コンテンツブロック)アプリの代表的なものをいくつかピックアップして紹介します。

Crystal - Block Ads, Browse Faster.

Crystal – Block Ads, Browse Faster.

Dean Murphyユーティリティ, 仕事効率化¥120(掲載時点)詳細・ダウンロード
Purify Blocker: Fast, Clutter-free Web Browsing in Safari

Purify Blocker: Fast, Clutter-free Web Browsing in Safari

Chris Aljoudi仕事効率化, ユーティリティ¥480(掲載時点)詳細・ダウンロード
Blockr - Privacy, Media and Ad Blocker for Safari

Blockr – Privacy, Media and Ad Blocker for Safari

Tim Pollertユーティリティ, 仕事効率化¥120(掲載時点)詳細・ダウンロード

私が使っているのは「Blockr」。設定をオンにした状態で当ブログにアクセスしてみると、Google AdSenseの広告バナーが非表示になっているのがわかります。

Ios9 adblock 2

コンテンツブロック機能の設定方法

では最後に、設定の方法を。

コンテンツブロック機能アプリをインストールした状態で、設定アプリを開き「safari > コンテンツブロッカー」と進み、該当するアプリの設定をオンにすればOKです。

Ios9 adblock 3

詳細な設定は個別アプリの方で行います。設定で行うのはあくまで「拡張機能の仕様を許可するか否かの選択」です。

あとがき

ユーザー目線で見れば、広告ブロック機能は良いことばかりに映るかもしれません。邪魔な宣伝広告を目にしなくなり、ページの表示速度も速くなる。良いことづくめです。

でも、私はたぶん使わないかなー。なんだかんだ言って広告って好きなんですよね。

例えば駅ナカとか街を歩いていて、変な広告見つけたりするじゃないですか。そういうのも一つの出会いみたいなものですから、ブロックするほど邪険にはしていないのですよ。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする